Journals

ObserverWeekly

(更新日 2006年6月12日)
In the News for the Week of 6-6-06(監修: 秋山真一郎)
 
文末のMore...  をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 
医師労働人口(Physician workforce
1.医師不足のため,内科医は「最も募集された医師」リストのトップに

 全国医師検索会社の調査によると,一般の内科医と家庭医は昨年,最も募集された医師リストのトップに位置した.過去10年で初めて,内科医 と家庭医は,放射線科医,整形外科医,心臓内科医,および一般外科医より高い需要があった.More....(翻訳: 土谷昌信


 

FDAニュ−ス(FDA news
2.帯状疱疹に対する初めてのワクチンがFDAの承認を得た
 
FDA60歳以上の人々の帯状疱疹のリスクを減らすために新しいワクチンを最終的に承認した.メルク社は現在,医師からの注文を受け付けており間もなくワクチンを配送する計画であると発表した.ワクチンは約50%帯状疱疹の頻度を低下させ,ワクチンをうったにもかかわらず発症した人の痛みを減弱させることがわかった.More.... (翻訳: 矢倉道泰
 
医学ニュースヘッドライン(Clinical news in the headlines)
3.Annals: β刺激剤が喘息合併症を増加させる;仮眠やカフェインが疲労に効果あり
 
メタアナリシスによると,長時間作用型β刺激剤吸入をしている喘息患者はプラセボ群に比べて2.5倍の入院率があり,約2倍致死的発作を生じやすい.別の2つの研究では,仮眠やカフェインが病院勤務と運転において果たす効果について評価した.More.... (翻訳: 郷間 巌

4.薬剤給付に上限を設けることは慢性疾患の治療には良い結果をもたらさない
 
先週報告された調査によると,メディケアの薬剤給付に上限を設けると,処方薬にかかる費用が節約できたと報じたが,それらの節約は慢性疾患患者のための入院と救急室にかかる費用の増加のために相殺されていた.薬剤給付に上限を設けたグループの受給者は,そうでないグループより薬の使用量が少なく,血圧,脂質,血糖コントロールが悪かった.More....(翻訳: 土谷昌信
 
メディケア最新情報(Medicare update
5.Part B 競争取得プログラムの登録が延長された
 
CMS(メデイケア・メデイケイド・サービスセンター)は先週,医師のMedicare Part B Drug 競争取得プログラムの選択期間が延長されたことを発表した.選択期間の延長は63日から始まり630日までになるだろう.医師の選択申し込み用紙を完成させ630日の消印に間に合った医師は81日のプログラムに参加することができる.More.... (翻訳: 矢倉道泰
 
医療ビジネス(The business of medicine
6.メディケアの支払いが低額のため,個人医療保険の保険会社と加入者にコストが負わされている
 
最新の研究によると,メディケアから病院や医師への支払いでは不足する分を埋め合わせるために,個人医療保険の保険会社と加入者は数十億ドルもの医療のコストを余分に支払っている.More.... (翻訳: 郷間 巌
 
ACPニュース(ACP news
7.ACPは価格の透明性を勧告

 ACPはブッシュ政権に医療サービスの価格の「透明性」を求める勧告をし,コストを保険加入者が調べられるようにすべきだと言及した.ACPが政権に宛てた最近の書簡で透明性に対してのサポートを表明する一方,現在の取り組みの問題点を指摘した.More....(翻訳: 郷間 巌
 

   ObserverWeekly Home Page