Journals

ObserverWeekly

(更新日 2006年7月31日)
In the News for the Week of 7-25-06(監修: 安藤聡一郎)
 
文末のMore...  をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 
健康情報技術Health information technology
1.ヘルスケア情報技術の認証委員会は,初めての公認された電子媒体による健康情報記録システム(EHR,  Electronic Health Records) を発表した
 
ヘルスケア情報技術の認証委員会(CCHIT,  The Certification Commission for Healthcare Information) は,先週,持ち運びできる健康情報記録システム(EHR)について,公認された20製品の最初のリストを発表した.公認されるためには,製品は共同利用できるシステムに発展する能力を含むCCHITの評価基準を100%満たさなければならない.ACPや他の医療団体は,強く認証への努力を是認した.More....(翻訳: 五十嵐忠彦)

医学ニュースヘッドライン(Clinical news in the headlines)

2. ACP Journal Club: 葉酸,ビタミンBは心血管事故の危険を減少させない
 
血漿ホモシステインレベルを下げるために葉酸とビタミンBの栄養補助食品を患者に与えるという2つの大規模無作為臨床比較試験の結果は,主要な心血管事故を被るリスクが減少しなかったと結論を下した.「これらの結果は,臨床的な治療エンドポイントを尺度とする大規模無作為臨床比較試験を行う事の重要性を明確にした」とJournal Clubの論評者は言っている.More....(翻訳: 小野広一)

3.新しい検査はB型肝炎スクリーニングのための血液検査を自動化する
 
米国食品医薬品局(FDA, Food and Drug Administration)は,B型肝炎ウイルス表面抗原(HBsAg)について,献血,移植臓器,および移植組織をスクリーニングし,さらに米国の輸血用血液の供給の安全性を向上させる,初めて全自動化された検査を承認した.承認されたものは,アボット研究所による2つの検査,すなわち血液をスクリーニングする検査と,陽性と出たサンプルでの抗原の存在を確認する検査を合わせたものである.More....(翻訳: 五十嵐忠彦)
 

患者の安全Patient safety

4.米国医学研究所は,医療過誤にスポットライトを当てている
 
米国医学研究所の報告書によれば,医療過誤や予防可能な薬の副作用事故は,毎年おおよそ150万の人々に被害を与えており,米国の病院において今だ深刻な問題である.内科医に対する報告書の推奨事項の中には,電子処方を採用することや,薬物療法について患者との意思疎通を劇的に向上させることなどがあった.More.... (翻訳: 川村光信
 

インフルエンザ・ワクチン最新情報 (Flu vaccine update)

ノバルティス社は,新しい米国内の工場で最新の技術を使用するであろう
 
ノバルティス社は,ノースカロライナ州のホリースプリングスに最先端のワクチン製造工場を作る計画を発表した.ワクチンは2010年の終わりまでには利用可能となるはずであると会社側は述べており,既存の卵を用いた手技よりさらに速くて,より信頼できると予想される新しい細胞培養技術を使用する計画である.More....(翻訳: 川村光信)
 
   ObserverWeekly Home Page