Journals

ObserverWeekly

(更新日 2006年10月2日)
In the News for the Week of 9-26-06(監修: 上野義之)
 
文末のMore...  をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 
ニュースヘッドライン (Headline news)
1.政府は全般的なHIVスクリーニングを推奨する
 
米国疾病管理センター(CDC) は,新しい推奨を発表し,HIVスクリーニングは,全ての十代および成人の患者の医学的ケアにおいて,本人が拒否しない限り,ルーチンに行うべき部分であるとした.検査前のカウンセリングおよび別個の文書による同意はもはや必要とすべきでない.More....(翻訳: 村上純)

2.
ウォルマートが後発医薬品を安価で販売すると発表

 ウォルマート(米小売大手)は約300種類の後発医薬品の1ヶ月分の処方薬をわずか4ドルの低価格で販売すると921日に発表した.291種類の薬剤には心疾患,喘息,糖尿病,緑内障,パーキンソン病と甲状腺疾患など一般的な疾患に対して最も頻回に処方される薬剤が含まれるとしている.More....翻訳: 渡邊清高)

3.ホウレン草の大腸菌汚染の最新情報

 政府はこの週末に最近のホウレン草の大腸菌汚染による発症患者が173名(1人死亡を含む)にのぼることを報告した.更に2人の死亡についてもホウレン草との関連を調査している.More....(翻訳: 渡邊清高

4.
避妊パッチについて安全性表示が更新された

 920日に米国食品医薬品局 (FDA)は,エチニルエストラジオール/ ノルエルゲストロミン(商品名Ortho Evra)という避妊パッチを用いている婦人はピルを用いている人に比べて血栓症のリスクが2倍になるという,ある研究の結果を反映し,そのパッチの安全性表示を更新した.More....(翻訳: 村上純)

 

医療サービスへのアクセス(Health care access
. 米ヘスルケアシステムは低スコアに
 コモンウェウルスファンドの年次報告「なぜベストでないか?アメリカの医療の質の国別評価の結果から」においてアメリカのヘルスケアシステムは100点満点で66点にとどまると報告した.先週発行されたこの報告書において米国は特に人生の初めと終わりで低い評価であった.More.... (翻訳: 渡邊清高
 

臨床ニュース(Clinical news)
ACP Journal Club:  栄養学的支援は高齢女性の股関節骨折の予後を改善する
 
本研究では非病理的股関節骨折を伴う高齢女性について検討し,栄養学的支援を行うことで整復術後の予後を改善したと報告した.それぞれの症例は看護士と栄養士から個々に配慮した栄養学的支援ないしは従来通りの介護を受けた.More.... (翻訳: 新沼廣幸)

7.
医療研究・品質調査機構(AHRQ)は心不全診断のエビデンスを報告した
 
医療研究・品質調査機構(AHRQ)はナトリウム利尿ペプチド,BNPproBNP N末端の測定は救急外来や診療所またはプライマリーケアで心不全の選別検査となり得ると報告した.More.... (翻訳: 新沼廣幸
 
   ObserverWeekly Home Page