Journals

ObserverWeekly

(更新日 2006年10月6日)
In the News for the Week of 10-3-06(監修: 加藤秀章)
 
文末のMore...  をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 
ニュースハイライト(News highlights)
1.救急診療部へ患者が集中していることがCDC報告書で明らかに
 
2003年から2004年の間,アメリカの救急診療部のおよそ半数が込み合っていたこと
がCDCの国立健康統計センターが先週発表した報告により明らかとなった.都市部の救急診療部では問題は深刻で,ほぼ3分の2の救急診療部は混雑していたと報告している.More....(翻訳: 安藤聡一郎

2.
FDAが心臓手術時の投薬についての指針を発表

 先週,FDAは心臓手術に広く使われている薬剤に関する新しい安全指針を発表した.製薬会社が安全性調査の期間に明らかにできなかった新たなデータも加味した上で発表したものである.そのなかで,バイエル社のアプロチニン注射(トラジロール)に関しては,使用を控えるよう推奨しているわけではないが,十分モニターしながら使
うように忠告しているMore....翻訳: 安藤聡一郎

3.偽エフェドリンがカウンターの向こう側へ

 偽エフェドリンを含む鼻気道うっ血除去薬が新しい連邦販売規制法に抵触する薬に
なった.全ての偽エフェドリン含有薬は薬局のカウンターの向こう側に置かれる.購入
希望者は写真入り身分証明書を提示しなければならなくなり,購入品と住所を記録簿
に記入しないといけなくなる.この新しい規制により多くの鼻気道うっ血除去薬の製造業者は偽エフェドリンをフェニレフリンに置き換えている.
More.... (翻訳: 小出優史)
 

医療サービスへのアクセス(Health care access
4.
雇い主の医療保険料は更に緩やかに上昇

 雇い主が後援する医療保険の保険料上昇率は2006年は緩やかになったが,依然として物価上昇率の二倍以上あった.平均保険料は本年7.7パーセント上昇していて,これは2000年以来最低の保険料上昇率であった.全体として,保険料は過去六年間で87%上昇している.More....(翻訳: 小出優史

 

臨床ニュース(Clinical news)
Annals: 様々な要因で起こされる誤診
 本号には,医療過誤における最も頻度が高い失敗に関する報告がある.他には,透析患者の臨床的な到達目標に達することに関する研究の調査結果の報告や,プライマリ・ケア医に対するうつ患者への助言プログラムの評価の報告があるMore.... (翻訳: 板東浩)

1型糖尿病患者における膵島移植
 
ニューイングランドジャーナル(NEJM)の9月28日号に掲載された新たな研究は,エ
ドモントンプロトコール(Edmonton protocol)に沿った膵島移植によって,1型糖
尿病患者における長期間の内因性インスリン産生および血糖の安定化は回復できるが,インスリンからの離脱は,通常,維持できないことを見い出した.More.... (翻訳: 板東浩)
 
   ObserverWeekly Home Page