Journals

ObserverWeekly

(更新日 2006年10月30日)
In the News for the Week of 10-24-06(監修: 秋山真一郎)
 
文末のMore...  をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 
ニュースハイライト(News highlights)
1.DPP-4阻害薬が2型糖尿病の治療薬として認可
 
連邦政府の監督機関は10月17日,2型糖尿病に対する治療薬として初めてのDPP-4阻害薬を認可した.Sitagliptin phosphate (商品名:Januvia) は一日一回内服する錠剤であり,単独で,もしくはmetforminかperoxisome proliferators-activated
receptor gamma (PPAR) 作動薬と併用して用いる.More....(翻訳: 小山雄太

2.
血糖測定用試験紙の偽造品について警告

 米国食品医薬品局(FDA)は,One Touchという商標の糖尿病用試験紙の偽造品について全国に警告を発表した.この偽造品は,製品・包装とも,海外向けに製造されている純正品の試験紙に酷似している.FDAはヘルスケア専門家たちに,彼らが治療している糖尿病患者に対して警告について伝えるよう依頼している.More....翻訳: 小山雄太
 

臨床ニュース(Clinical news)
3.ACP Journal Club: 迅速な血管再開通術がSTEMIや心原性ショック後の生存率を改善

 300人以上のST上昇型心筋梗塞(STEMI)と心原性ショック(CS)患者について解析した最近の研究では,初期に侵襲的治療を行った方が長期生存の改善につながることが確認された.CSを合併したSTEMIの症例は,初期の侵襲的治療が可能な施設では病院での死亡率が50%であり,そのような治療ができない施設では80%であったMore.... (翻訳: 小山雄太)
 

教育ニュース(Education news)
4.医療政策に関する中間キャリアーの研究員募集中

 ロバート・ウッド・ジョンソン(Robert Wood Johnson)財団は,ワシントンD.C.での健康政策研究奨励プログラム(Health Policy Fellowship Program)の申請を現在受け付けている.この研究奨励は,中間キャリアーの医療専門家や医療に興味を持っている行動社会科学者に,連邦規模での医療政策過程を経験し参加する機会を提供するものである.More....翻訳: 宇野久光

 

学会ニュース(College news)
新しい外来電子カルテ(electronic health record)の提供
 “外来電子カルテ(医師1-5人用)”報告に,850人以上の医師サイトから得られた
調査結果が要約されている.この報告は,臨床医,管理者及び情報技術専門家が外来電子カルテ市場のメーカーを選ぶ際,有用である.ACP会員は現在,診療で使用されている健康情報システムに関するKLASオンライン調査を完了すれば,無料でこの報告にアクセスできる.More....  (翻訳: 東 理)

ACPとCMS(メディケア/メディケイド・サービスセンター)ホームページがメディ
ケア・パートDに関する質問に回答
 
メディケア・パートDへの自由登録が近づき,メディケア/メディケイド・サービスセンターでは,各種の薬剤プランに関する費用,保険適用及び利点についての大量の情報を公表中である.パートDに関するACPのホームページはプランの選択枝をよりよく理解し,患者の質問に答えるのに有用である.CMSは,また,最近メディケア処方薬プラン・ファインダーウェブツールを更新した.More.... (翻訳: 東 理)
 

ACP会長健康保険適用範囲を拡大する法律制定を賞賛
 
10月16日,ACP会長であるFACPリン・M・カーク(Lynne M. Kirk)氏は,「建設的連邦制度法(Creative Federalism Act)による保険提携(Health Partnership)」の導入に関して, タミー・ボールドウイン(Tammy Baldwin)とトム・プライス(Tom Price)の両議員に謝意を表した.この法案は,健康保険適用範囲を拡大するのに,州単位の発議権を与えることにより,革新を推し進めるように立案されている. More.... (翻訳: 宇野久光
 

ACP支部長が日本の内閣に助言
 
10月3日,MACP黒川清氏が日本の総理大臣とその内閣の科学顧問(訳注:内閣特別顧問)に任命された.黒川博士は,2003年にACP日本支部が創設されて以来支部長(Governor)をしている.More....  (翻訳: 宇野久光
 

   ObserverWeekly Home Page