Journals

ObserverWeekly

(更新日 2006年12月18日)

In the News for the Week of 12-12-06(監修: 安藤聡一郎)

文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 

ニュースハイライト(News highlights)

1.大企業の健康情報管理システム
 大企業5社が雇用者の健康記録に関する電子データベースを共同で作成した.6ヶ月以内に本格的な始動が期待されているこのシステムでは250万人の労働者とその扶養家族に関する情報を処理できる.またこのシステムは薬局や医師,病院,保険会社の医療情報を自動的に収集することができる.More....(翻訳:菅野義彦)

2. Taco Bellでの大腸菌感染の集団発生
 Taco Bell(米国でのFast foodのチェーン店)での大腸菌による集団感染が5つの州で発生し,少なくとも64名が発病している.この集団感染は当初シャロットに関連するとみなされていたが,店からのサンプルを用いた試験では大腸菌O157は陰性であった.さらに,ほかの食材も集団発生した細菌とはDNAフィンガープリント法では一致しなかった. More....(翻訳: 上野義之)

3.JCAHOは2008年度版の患者安全目標の草案を発表した
 JCAHO(ヘルスケア機構についての合同認定評議会)は2008年度版の米国患者安全目標に盛り込まれるべき到達目標の草案のリストを発表した.これから2007年1月26日までの期間,JCAHOは健康管理の専門職,供給者,保険者などからの到達目標に対するコメントを請願している.More....(翻訳: 上野義之)
 

FDAニュース(FDA news)

4.FDAは局所麻酔の混合剤について注意を喚起した
 FDAは最近5つの製薬会社に対し標準的な局所麻酔剤クリームの混合とその供給を中止するように警告した.混合された局所麻酔剤クリームは高濃度のリドカイン,テトラカイン,ベンゾカイン,プリロカインといった局所麻酔薬を含有しており,これは発作や不整脈といった重篤な副反応を惹起することにより公衆衛生上大きな問題を起こしうる.More....(翻訳: 上野義之)
 

5.メサドンの処方には注意が必要である
 内科医は,鎮痛剤としてメサドンを処方する時は注意するべきである.FDA医薬品安全情報の警告で,この薬の副作用として死亡や重篤な副作用が報告されている.鎮痛のためのメサドンの投与量は注意深く決定され,例え,患者がオピオイドに耐性であれ無痛の効果が得られるまで徐々に調節していくべきである.More....(翻訳: 北口聡一)

薬剤ニュース(Drug news)

6.妊婦へのパロキセチン使用は避けるべき
 アメリカ産婦人科学会の産科委員会の提言では,胎児の心奇形,新生児の肺高血圧などのリスクがあるために妊婦もしくは妊娠を計画している女性に対して,パロキセチン(パキシル)の使用をできる限り避けるべきであるとしている.More.... (翻訳: 菅野義彦)

臨床ニュース(Clinical news)

7.ACPジャーナルクラブ: クリニカルパスは,肺炎に罹患した療養所の入所者の入院件数を減少させる
 療養所におけるある研究は,以下の事を発見した.看護師が用いるクリニカルパスは,通常のケアよりも肺炎の入院を減少させた.本研究では,クリニカルパス群は8%の入院であったのに対して,通常のケアを受けた群では20%であった.統計調整後の絶対危険減少率は12%であった.More.... (翻訳: 北口聡一)

8.心筋梗塞に対する経皮カテーテル治療は死亡,再梗塞,心不全を減少させない
 冠動脈閉塞から3−28日後の安定期の患者に対する経皮カテーテル治療は死亡,再梗塞,心不全を減少させないとする新たな知見が発表された.その結果によれば,左室機能が低下しておらず継続的な心筋虚血のない心筋梗塞後の安定した患者では心カテーテル治療は保証できないとしている.More.... (翻訳: 菅野義彦)
 

米国内科学会ニュース(College news)

9.研究機関から,協力者に対して電子カルテ(EHR)に関する本が無料で提供される
 メリーランド大学のロバートH.スミスビジネス学校の研究者は,日常臨床におけるEHRの使用について,さらに検討を進めるための調査を実施している.研究者らは,この調査を仕上げるために,臨床医や,医療機関でEHRの採用に関わった人物などから協力者を探している. More....(翻訳: 北口聡一)