Journals

ObserverWeekly

(更新日 2006年12月25日)

In the News for the Week of 12-19-06(監修: 川村光信)

文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 

ニュースハイライト(News highlights)

1.CMS (The Centers for Medicare & Medicaid Services)による病院の格付けは死亡率と相関しない
 病院機能に関する政府による格付けと死亡率との比較によって,高く格付けされた病院での死亡率と低く格付けされた病院での死亡率において違いはほんどんどないことがわかった.この研究では,研究者がCMSの病院比較ウェブサイトに載せられた3,657の病院を評価した.研究は,病院が心臓発作や心不全・肺炎に対し,どれぐらいの頻度で推奨された治療法に応じたかを比較検討したものである.More....(翻訳:小野広一)

2. 大腸内視鏡の引き抜き時間がより長ければ腺腫の検出が上昇する
 「内視鏡医が,大腸スクリーニング検査の際に,内視鏡を引き抜のに時間をかければかける程,より高い腺腫の検出率が得られる」と新たな研究は見い出した.その結果は,6分以上の大腸内視鏡引き抜き時間は検出率を改善するという以前の研究を支持するものであるが,臨床実地への関連は未だ不確かである.More....(翻訳: 加藤秀章)

3.インフルエンザ予防接種は吸入型のワクチンよりも効果が高いと研究報告された
 新たな研究により,インフルエンザの予防に当たっては,吸入型の弱毒生ワクチンよりも,注射による不活化ワクチン接種の方がより有効かもしれないということが判明した.この結果は予想外のことであった.従来は,流行しているインフルエンザに対して適合性の乏しいワクチンしかないシーズンには,吸入型の弱毒生ワクチンを使用した方がより効果的であるとされていたからである.More.... (翻訳: 五十嵐忠彦)
 

FDA(米国食品医薬品機構)ニュース(FDA news)

4.献血者血液のシャーガス(Chagas) 病に対するスクリーンニングテストが承認された
 先週,FDAは,血液・臓器・組織提供者おいて,シャーガス病を引き起こす血液中の寄生虫をスクリーンニングする初めてのテストを承認した.オルソトリパノゾーマクルツィELISA テストシステム(ORTHO T. cruzi ELISA Test System) はトリパノゾーマクルツィ(Trypanosoma cruzi)寄生虫に対する抗体を検出する.トリパノゾーマクルツィは通常,感染している虫に咬まれて罹患したり,輸血や臓器移植を介して伝播することもある.More....(翻訳: 五十嵐忠彦)
 

5.未承認のキニン薬の市場からの排除勧告
 FDAは,関連会社に対してキニンを含有している未承認薬を市場でとり扱わないよう命令を下し,死亡を含む深刻な安全に対する懸念により,下肢の痙攣(こむらがえり)の予防や治療のためにキニンを使用することに対する注意を促している.1969年以来,FDAはキニンの使用に関連して深刻な結果を生じた副作用に関する665例(その中には93例の死亡が含まれている)の報告を受け取って来た.More.... (翻訳: 加藤秀章)

CDC: The Centers for Disease Control and Prevention (米国疾病対策予防センター)ニュース(CDC news)

6.新たなガイドラインはB型肝炎ワクチン接種をより推奨する
 連邦政府は,成人に対するB型肝炎ワクチン接種に関する勧告を強調した.CDCガイド ラインは,現在B型肝炎ウイルス感染の高危険群の成人に対し,普遍的なワクチン接種を提案している.プライマリケアや特別な医療環境において,CDCは,B型肝炎ワクチン接種が勧められる成人を同定する指示が継続して実行され,通常のサービスの一環としてワクチン投与することを推奨している .More.... (翻訳: 加藤秀章)

7.タコベル(Taco Bell)での大腸菌食中毒大流行の最新情報
 米国疾病対策予防センターによると,タコベルレストラン(米国のメキシコ料理ファーストフード・チェーンレストラン)の常連客の間で最近大流行した病原性大腸菌汚染の最も可能性のある汚染源は,細切りされたレタスである.レストランから提供された食物サンプルの検査は続いており,一方,保健当局とレストラン協会はどのようにしてレタスが汚染されたかを確定するために共に力を合わせている.大流行の時期以後にも追加症例がまだ同定されてはいるものの,汚染の大流行は終息したように見える.More....  (翻訳: 小野広一)

臨床ニュース(Clinical news)

8.Annals(学会誌):ブラックコホシュ(Black cohosh) は女性の月経の諸症状には無効である
 Annals of Internal Medicine(米国内科学会誌)の今月号の中に,代替薬品のブラックコホシュ(Black cohosh) は,プラセボーと比較して,月経の諸症状緩和には全く無効であるという研究結果が掲載された.他にも,Fabry 病の治療として酵素入れ替え療法の研究論文が掲載された.More.... (翻訳: 五十嵐忠彦)
 

米国内科学会ニュース(College news)

9.研究機関から,協力者に対して電子カルテ(EHR)に関する本が無料で提供される
 メリーランド大学のロバートH.スミスビジネス学校の研究者は,日常臨床におけるEHRの使用について,さらに検討を進めるための調査を実施している.研究者らは,この調査を仕上げるために,臨床医や,医療機関でEHRの採用に関わった人物などから協力者を探している. More....(翻訳: 北口聡一)