Journals

ObserverWeekly

(更新日 2007年3月19日)

In the News for the Week of 3-13-07(監修: 廣井直樹)

文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 

ニュースハイライト(News highlights)

1.CTスキャンは肺がん死を減少させない
  新しい研究によると,CTスクリーニングによって肺がんの診断率は向上したが,進行がん症例や肺がんによる死亡者の数は減るわけではないようだ.この知見は ,CTによって劇的に肺がんの生存率が向上するというこれまでの研究結果とは異なるものであった.More....
(翻訳: 安藤聡一郎)

2. 外科手術を受けた患者は投薬ミスの高い危険にある
  非営利的団体である米国薬局方(U.S. Pharmacopeia)の新しい報告によると,周術期の患者は ,理解された投薬の監視の欠如に基づく有害な投薬ミスの最も高い危険に直面する.周術期のミスのうち,5%のミスは有害となり,投薬ミスの総有害率の3倍であった .小児科患者は有害となるミスの危険率が13%と最も高値であった.More....
(翻訳: 加藤秀章)

3.アスピリンは大腸癌の予防のために使用されるべきでない
  先アスピリンと非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)は,平均的な危険性の人々においては大腸癌予防のために使用されるべきではないと,米国予防医療サービス専門作業部会(U.S. Preventive Service Task Force)は ,報告書で述べた.非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)とアスピリンは300mgもしくはそれよりも高い投与量で,腺腫性ポリープの発生を減少させることによって ,大腸がんの危険を減少するかもしれないが,その利益よりも潜在的な有害事象の方がまさっている.More....
(翻訳: 加藤秀章)
 

臨床ニュース(Clinical news)

4.ACPジャーナルクラブ: 心筋梗塞1カ月後の薬物療法の中止は,12カ月以内に死亡する危険率を上げる
 新しい研究によって,急性心筋梗塞になって1か月後に患者が薬物療法を中止すると,12か月間に死亡する危険性が増加することが分かった.研究者は1か月間アスピリン ,βブロッカー,スタチンを内服し続けた患者と,1か月のうちに1つまたは2つ,あるいは3つのすべての薬物療法を止めた患者とを比較した. 3つのすべての薬物療法を中止した患者は ,少なくとも1つの薬物療法の使用を続けた患者より12か月の時点で死亡する危険性がより高かった.More....
(翻訳:小野広一)

5.心電図異常は心臓病の危険性を示唆する

 新しい研究によると,健康な女性の心電図の異常は,心血管イベントと死亡率の危険性を増加させると予測できる. この結果は,1万4749人の女性のランダム化比較試験であるWomen’s Health Initiativeからのデータに基づいている . 研究者は,軽微な心電図異常をもつ女性は心血管イベント増加の危険性が55%増加し,重大な心電図異常をもつ女性は ,心血管イベント増加の危険性が300%増加すると算出した.More....
(翻訳: 小野広一)

6.放射線治療は乳癌生存患者での心疾患発生率を増加させるかもしれない
  1970年から1986年の間に,乳がんで放射線治療を受けた女性は心疾患のリスクが高い,ということが3月7日付けのJournal of the National Cancer Instituteで報告された .研究者らは,1970 年から1986年の間に,乳がん治療後10年間生存しているオランダ人,4414人について,治療特異的な心疾患発生率を ,一般人のリスクと比較して検討した.More....
 (翻訳: 安藤聡一郎)
 

米国食品医薬品局ニュース(FDA news)

7.降圧剤としてaliskerinを認可
  先週,米国食品医薬品局 (FDA)は,aliskerin(Tekturna)を初めてのレニン阻害による高血圧治療薬として認可した.Aliskerinは2000人以上の軽症から中等症の高血圧患者に対して行われた6種類のプラセボコントロール試験と8週間の臨床試験において明らかな降果を示した,と米国食品医薬品局は報告した.その降圧効果は1年間追跡され,サイアザイド利尿薬との併用群でもっとも有効であった.More....  
 (翻訳:廣井直樹)

8.“Jermuk”ミネラルウオーター回収

  米国食品医薬品局(FDA)は先週消費者に対して,いくらかのボトルの中に健康基準を上回る量の砒素が検出されたため,“Jermuk”商標のミネラルウオーターを飲まないよう警告した.その商品は,アルメニアから輸入されたが,数社の米国販売会社によって回収された.米国食品医薬品局(FDA)によるその水の調査によると,米国食品医薬品局(FDA)基準は1リットルあたり10mgを越えない量を許可しているのに対して,1リットルあたり500-600mgの砒素が検出された.健康被害は報告されていない.
More....  
(翻訳: 加藤秀章)
 

疾患管理(Disease management)

9.腎疾患患者は他の問題を併発するリスクが高い
 米国立腎臓基金(The National Kidney Foundation:NKF)が,第2回“世界腎臓デー”に合わせて先週発表した報告によると,慢性腎臓病患者は心疾患,糖尿病など他の疾患を併発することが多いということである.NFKによると,2千万人のアメリカ人—成人9人に1人—が何らかの慢性腎臓病を患い,さらに2千万人がその予備軍である.
More....  
(翻訳: 安藤聡一郎)
 

学会ニュース(College news)

10.米国内科学会と他のグループは,患者中心とする医療の原則を宣言した
 米国内科学会は先週,他の3つの主要な医学のグループと協力して,患者中心のメディカル・ホーム(PC-MH)の共同原則を発表した.7つの原則とは,健康保険の範囲内で包括的な初期医療を子供,若者,および大人達に提供するための実地医療に基づく医療モデルの特性について説明したものである.More....  
 (翻訳: 小野広一)

11.2007年米国内科学会総会で求職を
 サンディエゴで開催される2007年米国内科学会総会に参加する予定で,職を探している人は幸運である.米国内科学会のJob Placement Centerでは将来の雇用者と興味ある求職者が面会できるスペースを提供する予定である.More....  
 (翻訳: 廣井直樹)