Journals

ObserverWeekly

(更新日 2007年3月26日)

In the News for the Week of 3-20-07(監修: 土谷昌信)

文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 

ニュースハイライト(News highlights)

1.米国食品医薬品局(FDA): 睡眠補助薬に対する警告を強化
  先週FDAは、「アナフィラキシーや完全に目が覚めていない間に運転することのような危険を強調するために、13の鎮静-催眠性の睡眠補助薬に対して、警告ラベルを強化すべきである」と製薬業者に勧告した。 薬物を服用した最初の時に起こり得る他の危険には、血管性浮腫や眠っていながら、電話をかけたり、セックスをしたり、食事の準備をし、食べたりという複雑な睡眠関連の行動を含んでいる。More....
(翻訳: 川村光信)

2. メデイケアでの見直しが求められる貧血治療薬
  メデイケア−メデイケイドサービスセンター(CMS;The Centers for Medicare & Medicaid Services)は、最近、米国食品医薬品局(FDA)が出した健康保健上の助言および薬物の重篤な有害反応に関する警告に従って、貧血治療薬であるダルベポイエチンアルファ(アラネスプ)およびエポエチンアルファ(エポゲンおよびプロクリット)の使用を見直してゆく方針であることを発表した.これらの薬は、赤血球造血を促す薬物として知られているが、慢性腎不全の患者や化学療法によって貧血をきたした患者において広く使用されているものである.しかしながら、腎臓医師連盟は、従来の貧血のマネージメントを変えてしまうことは慢性腎疾患や末期の腎臓病の患者で許容範囲を越えてヘモグロビン値を低下させる可能性もありうると、各医師に注意を喚起している.More....
(翻訳: 五十嵐忠彦)

3.米国疾病管理予防センターがヒトパピローマウイルスのワクチンを推奨
  米国疾病管理予防センターは先週,罹患率死亡率週間報告書の中で,11歳から26歳までの女性はヒトパピローマウイルスのワクチン摂取を受けるべきであるとの正式な声明を発表した.この声明は去る10月にワクチン規約に関する諮問委員会から“11歳,12歳の少女へのワクチン接種の慣習化とともにワクチン接種年齢を13歳から26歳まで幅を拡げる”との提案を含んでいる.More....
(翻訳: 道免和文)

4.マッチデイ(match day) 2007では、内科へのマッチがわずかに上昇を示している

 2007年の医学研修マッチの結果によると、内科の医学研修を選択する医学生の数は2006年に比較して、今年もほぼ同程度に留まった。この結果は、「内科トレーニングの見直しとプライマリーケアの組織、伝達、資金、そして価値観を根本的に変えることの必要性を強調するものである。」とACP代表は述べた。More....
(翻訳:川村光信)
 

臨床ニュース(Clinical news)

5.Annals: 慢性関節リウマチは、薬物療法の柔軟なレジメン使用法に良く反応する
 2007年3月20日号の米国内科学会誌は、慢性関節リウマチに対するいくつかの異なった薬物療法についての研究を特集している.また骨粗鬆症の薬剤が前立腺がんの男性においては骨を強くすることを証明した臨床試験を取り上げている.この号では、また末期患者のホスピスについて時機を得た効果的な議論を展開している論文も掲載している.More....
(翻訳: 五十嵐忠彦)
 

薬剤ニュース(Drug news)

6.水痘ワクチンの追加免疫は必要である
  新たな研究では水痘ワクチン接種5年後には水痘ウイルス感染に対しての免疫力を失うことが判明した.その研究ではワクチン接種により,有効期間に85%では水痘発症を抑制するが,9.5%には水痘感染が生じることが判明した.総ての小児に水痘ワクチンの追加免疫を行うべきという最新勧告を裏打ちする結果であった.米国疾病管理予防センターの当該局では今までに1度のワクチン接種歴のある青壮年層にも追加免疫を行うように勧告した.More....
 (翻訳: 道免和文)

7.新しい乳癌治療薬が承認された

  新しい標的に向けられた抗ガン剤であるラバチニブ(lapatinib)は、進行したHER2陽性の乳癌治療のために米国食品医薬品局(FDA)で承認された。この薬(商標タイカーブTykerb)は、アントラサイクリン(anthracycline)、タキサン(taxane)、トラスツズマブ(trastuzumab)を含む他の薬剤との先行治療を受けた女性において、カペシタビン(capectabine)(商標ゼローダXeloda)と組み合わせて使用されることになっている。この薬は、腫瘍細胞に入ってHER2タンパク質の機能を阻害するもので、現在の治療とは異なった作用をする。More....  
 (翻訳:川村光信)
 

患者さんとの意志疎通(Patient communication)

8.患者側の治療の期待は、たいてい充足されている
  新しい研究によれば、プライマリーケアの初期診療において適切な検査がなされ、治療がなされ、専門科への紹介がなされていることについて、3分の2がその時点での患者側の期待に沿ったものであったことが判明した.ただし、医師らによれば、もし患者側が直接何も言わなければ、求められた45%は、満足のゆくように診療を受けるという期待には答えられなかったであろう.また、求められた診療の12.9%には同意はするものの、あまり快くは受け止めてはいないと言っている. この研究は、ヘルスケアリサーチと医療の質についての連邦機関(AHRQ; the federal Agency for Healthcare Research & Quality) が 今月から開始した、「成人ならば自身の健康にについてもっと積極的になるように」と勧めている宣伝のキャンペーンに従ったものとなっている.More....  
(翻訳: 五十嵐忠彦)
 

病院医学(Hospital medicine)

9.週末の心臓発作は死亡率が高い
 3月15日号のNew England Journal of Medicineの新たな研究によると週末に入院した心臓発作患者は平日に入院した患者よりも死亡しやすく,侵襲的治療を受ける率も低いことが判明した.最近の4年間で週末に入院した患者の方が平日に入院した患者よりも30日以内に死亡する率が7.5%高かった.死亡率の差は入院翌日が最も顕著であり,1年後までその差が見られた。More....  
(翻訳: 道免和文)