Journals

ObserverWeekly

(更新日 2007年4月2日)

In the News for the Week of 3-27-07(監修: 小山雄太)

文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 

ニュースハイライト(News highlights)

1.アルツハイマー病の有病率が5年間で10%の上昇
  アルツハイマー協会が先週,現在500 万人以上のアメリカ人はアルツハイマー病に罹患している −「5年前から10%上昇している − そして,ベビーブーム世代が年をとる2050年までには有病者は1600万人に到達するだろうと報告した.2000から2004年の間に心疾患,脳卒中,乳がんと前立腺ガンの死亡率が減少する一方,アルツハイマー病による死は33%増加して2004年の死因の第7位となった.
More....
(翻訳: 秋山真一郎

2. 淋菌感染が西側諸州で増加
  淋菌感染が他の州では5〜22%減少している一方,西側の8州において,2000年から2005年の間で42%増加したと3月16日のMMWRで報告された.CDCの研究者たちは,全国のヘルスケアプロバイダーに対して,淋菌の増加に警戒し,サーベイランスの強化,予防とコントロールのプログラム,そしてガイドラインに沿ったスクリーニングと治療を行うように要請している.More....
(翻訳: 加藤哲朗)

3.FDAが顧問に対する利害問題の規定を強化
  FDAに助言する医療専門家は,先週政府機関から発表されたガイドラインのもと,起こり得る利害問題に関してより多くの監視を受けることになる.この新たな規定により,製品が評価される企業との資金関係の点から,多数の科学者や医師がFDA勧告委員会から除外されるだろう.(そして,)金銭的な利害関係のない専門家だけが,政府機関の勧告委員会に投票することを許可されることになる.More....
(翻訳: 加藤哲朗)
 

臨床ニュース(Clinical news)

4.ACPジャーナルクラブ: 生活習慣への介入は試験プログラム終了後も2型糖尿病を予防する
 新しい試験によれば,試験プログラム終了後も高リスク患者の2型糖尿病を予防することがわかった.患者は中央値4年間にわたって,食事と運動についての全般的な口頭と書面による知識を与えられるか,あるいは生活習慣の介入を受けた.追加研究期間で,介入を受けたグループは糖尿病の罹病率が4.3%であったのに対して,対照群のそれは7.4%であった.More....
(翻訳:宇野久光)

5.小児白血病生存者は二次癌のリスクが高い

 小児と青年において最もよく見られる癌である急性リンパ性白血病の生存者は,少なくとも30年にわたって二次癌の発生する危険度がより高いという新たな知見が得られた.ほとんどの悪性疾患は低悪性度であった.しかし,より進行性の悪性疾患の発生頻度に関しても一般人の13.5倍も高かった.More....
(翻訳: 加藤哲朗)

6.アテローム血栓症患者の7人に1人は、1年に1回心血管疾患を合併する
 新しい知見によると,アテローム硬化性動脈の患者はたとえ症状がなくとも心血管イベントの危険性が高い.アテローム硬化性疾患が確定した患者では,1年後に2.81%の死亡率と,心血管死,心筋梗塞,脳卒中もしくは血管再開通や心血管疾患による入院が14.41%であった.More....
(翻訳: 秋山真一郎)
 

予防と治療のニュース(Prevention and treatment  news)

7.AHRQは推奨される健康スクリーニングの確認リストを提案
 先週,医療研究品質調査機構(Agency for Healthcare Research and Quality:AHRQ)は,エビデンスに基づいた患者用の新しい2つの確認リストを発表した.それには男女が生涯健康に送るために必要な健康診断検査の説明が載っている.そのポケット版冊子には,男女のための米国予防医療サービス部会(U.S. Preventive Services Task Force)が推奨するスクリーニング検査、予防医学、さらに生活習慣様式が書いてある。More....
 (翻訳: 宇野久光)

8.副鼻腔感染症のために過剰処方される抗生物質

  米国患者情報機構の新しい研究によれば,抗生物質は副鼻腔感染症の治療において使われすぎているかもしれない.大部分の症例が細菌でなくウィルス性感染であるという証拠にもかかわらず,抗生物質が急性および慢性鼻腔炎の大多数の患者に対して処方されている事を研究者は見いだした.抗生物質を濫用する可能性があるということは,薬剤耐性菌を一層増やす原因となるので問題である.More....  
 (翻訳:秋山真一郎)
 

学会ニュース(College news)

9.アルツハイマー病と不眠症に関する患者教育用のDVD
  アルツハイマー病と不眠症に関する二つの新たな患者教育資材が,米国内科学会員には無料で利用可能となっている.各々のトピックスがDVDとガイドブックに広範に掲載されており,また原因,危険因子,治療の選択肢について患者の理解の一助となる情報が網羅されている.このガイドブックとDVDはカレッジウェブサイトを通して利用できる.More....  
(翻訳: 加藤哲朗)

10.ACPは患者中心の医療について米国議会に概要を伝えた

 ACPは,患者中心の医療の重要性について,米国議会立法補佐官に対して説明会を最近開いた.その概要説明は,「患者中心のプライマリーケア:より低コストでより良い成果を達成するための医療ケア再設計への提案」と名づけられ,メディケア政策やその他の事業を通して,患者中心の医療における米国議会の役割を取り上げている.More....  
(翻訳: 宇野久光)