Journals

ObserverWeekly

(更新日 2007年4月12日)

In the News for the Week of 4-3-07(監修: 市堰肇)

文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 

ニュースハイライト(News highlights)

1.米国内科学会,40歳から49歳の女性に対する新しいスクリーニング乳房X線撮影のガイドラインを示す
  米国内科学会は先週,40歳から49歳の女性に対する,スクリーニング乳房X線撮影の新しい臨床ガイドラインを示した.このガイドラインは,検討されたエビデンスに基づき ,乳がんのリスクは40歳から49歳の女性には均等に分布していないと述べている .よってこの年代の女性は,各自リスクの程度と,スクリーニング乳房X線撮影によっておこり得る利益と弊害について,熟考する必要がある.More....
(翻訳: 矢倉道泰

2. ハイリスクの女性は毎年乳房のMRI検査を受けるべきである
  米国癌学会の乳癌スクリーニング新ガイドラインでは,乳癌のハイリスクにある全女性に,年一回のMRIによるスクリーニング検査を推奨している.160万人の米国人女性がこの範疇に入ることになる .同学会がMRIを薦めることを裏付けるように,先週発表された研究でも,最近乳癌と診断された女性の対側の乳房の癌の検出に,MRIが有効であることが明らかにされた.More....
(翻訳: 郷間巌

3.抗うつ薬の追加は躁うつ病にほとんど効果が無い
  躁うつ病に対し,感情調整剤による治療に抗うつ薬を追加することは,何の利点もなく,躁状態も引きおこさない.New England Journal of Medicineに掲載された ,ある研究が報告している.心の平静の持続率―それは少なくとも8週間の気分正常であること―は,抗うつ薬追加群は24%であったが,プラセボ群は27%であった .一方,躁状態への変化は,抗うつ薬追加群は10%であったが,プラセボ群は11%であった.More....
(翻訳: 北口聡一)
 

臨床ニュース(Clinical news)

4.Annals:  乳房X線撮影における偽陽性の長期的効果は不明瞭である
 2007年4月3日発行のAnnals of Internal Medicineは,40歳から49歳の女性を対象とした,乳房X線撮影のスクリーニングにおける米国内科学会(ACP)の新しいガイドラインを発表した .そして,乳房X線撮影の偽陽性の長期的効果についての研究を示した .本学会誌はまた,U型糖尿病に対する新しい注射薬の効果,そして腎透析の結果と人種,地域間における関連性についての研究を掲載している.More....
(翻訳:北口聡一)
 

癌関連ニュース(Cancer  news)

5.前立腺癌治療の新しいガイドライン
 米国臨床腫瘍学会(ASCO)の新しいガイドラインによると,転移性,再発性ないし進行性であるアンドロゲン感受性前立腺癌の治療において,アンドロゲン除去療法(ADT)を開始するか延期するかの決定は,患者と医師とが個別の基準に基づいて決めるべきであるとされている.多くの最新の研究に基づき,専門家委員会は,早期にADTを受けた患者は前立腺癌による死亡率に17%の低下が見られたが,前立腺癌と関係のない原因による死亡率は15%の増加があったということを明らかにした.More....
(翻訳: 郷間巌)

6.女性の乳癌死亡率の減少は一様でない
  最近の統計によると,乳癌の死亡率は,全体的に減少している.しかし新しい研究にて,二つのサブグループである,70歳以上の女性群と,エストロゲン受容体陰性の腫瘍に罹患している女性群においては,死亡率に関して減少の程度が軽いか,あるいは全く減少しなかったことが明らかになった.この研究は,1990年から2003年にかけて浸潤性乳癌患者,234,828人を対象に米国立癌研究所が実施した.More....
(翻訳: 北口聡一)
 

米国食品医薬品局ニュース(FDA news)

7.パーキンソン病薬が市場から引き上げられた
 パーキンソン病の治療薬であるペルゴリドが,患者の心弁膜に障害をおこすリスクがあるため市場から引き上げられていると,米国食品医薬品局は先週発表した.本剤は,製造元のVeleant 社 (商品名ペルマックス) とジェネリックメーカーのPar and Teva社によって,現在自主的に回収されている. More....
 (翻訳: 矢倉道泰)
 

学会ニュース(College news)

8.米国医師会と米国内科学会は医師の診療についての情報の実態調査をする方針である
  米国医師会(AMA)は,米国内科学会や他の60以上の専門医学会の援助の下に,2007年における米国の医師の,診療に関する総合的な調査を行う予定である.この調査の目的は,米国医師会と米国内科学会の方針の発展と洗練のために,医師の診療の特徴についての最新情報を収集することである.More....  
 (翻訳: 郷間巌)