Journals

ObserverWeekly

(更新日 2007年10月1日)

ObserverWeeklyの紹介(タイトル和訳)

ACP日本支部では,ACP ObserverWeeklyの抄録を日本語に訳したものをACP日本支部のホームページ日本語版に毎週掲載しています.医学,医療の最新のトピックスが掲載されたObserverWeeklyは毎週 火曜日にACP本部のホームページに掲載され,会員にも配送されますが,日本支部会員に関係がある記事をPublication Committee委員が日本語訳を行い,次週火曜日までにACP日本支部のホームページ掲載するようにしています.医学,医療の新たな情報を把握するのに非常に便利で,原本を読みたければACP本部のホームページにすぐにリンクできるようにしています.

皆様ご活用頂くと共に,先生方のご同僚や研修医・学生の皆さんにもご案内下さるようお願い致します.(2/13/2006付)

Publication Committee 委員長 石橋大海
 

In the News for the Week of 9-25-07(監修:鈴木 昌)

文末のMore....をクリックすると英文アブストラクトへアクセスできます.
 

ニュースハイライト(News highlights)

1.米国疾病予防管理センター(CDC)は来るべきインフルエンザシーズンに向け,記録的な量のワクチンを準備
  十分なインフルエンザワクチン供給と近年のインフルエンザワクチンの低接種率を示した新たなデータを勘案し,米国疾病予防管理センター(CDC)は健康管理専門家や公的機関に対して,今回のインフルエンザシーズンにはインフルエンザワクチンの接種を積極的に行うように要求した.More....
(翻訳:道免和文)

2.アメリカ人は末梢動脈疾患に関しての知識が乏しい
  大部分のアメリカ人は末梢動脈疾患に関しての知識に乏しく,リスクの最も高い高齢者,少数民族,および教育レベルや所得の低い人々ではこの疾患の病態に関する知識が皆無であることが最近の研究で判明した.More....
(翻訳:道免和文)

3.健康管理費用は州により異なる
  新しい報告によると,健康管理に費やす金額はアメリカの地域ごとに大きな差が生じている.使う金額の最も少ない州の住民と比較して,ある北東部の州の住民は平均して年に2000ドル以上を健康管理に費やしている.More....
(翻訳:道免和文)
 

病院医学(Hospital medicine)

4.米国食品医薬品局(FDA)は血小板スクリーニングの迅速検査を認可した
 米国食品医薬品局(FDA)は,今週,輸血前の血小板の細菌汚染をチェックする初めての迅速検査であるPlatelet Pan Genera Detection Test Systemが米国市場に認可されたと発表した.More....
(翻訳:塩田哲也)
 

臨床ニュース(Clinical news)

5.ACP Journal Club:院外での除細動では固定した低エネルギー放電より漸増する高エネルギー放電がすぐれている
 新たな研究によると,複数回の電気ショックを必要とする院外心停止患者に自動体外式除細動器(AED)を用いる場合,固定した低エネルギー放電より漸増する高エネルギー放電がすぐれていることがわかった.More....
(翻訳:塩田哲也)

6.骨粗鬆症に対する注射が骨折や死亡率を減少させる
 新たな研究によると,大腿頚部骨折の既往のある患者においてゾレドロン酸(レクラスト)の年一回静脈投与が死亡率や骨折を減少させた.More....
(翻訳:塩田哲也)

7.小規模の臨床試験で夜間透析に利点の可能性が示される
 先行研究によると,夜間透析は従来型の透析に比べて,心血管疾患や腎疾患特有のQOLを改善しうるという.More....
(翻訳:塩田哲也)
 

許認可関連ニュース(Regulatory news)

8.フェンタニル口腔錠,ハロペリドール,除細動器の安全性に対する警告
 米国食品医薬品局(FDA)は最近,フェンタニル口腔錠(Fentora)とハロペリドール(ハルドール)の経静脈投与に対する医薬品安全情報と,MRL/Welch Allyn製のAED 20 自動体外式除細動器とB. Brown Medical Inc. の生理食塩水のフラッシュ用注射器のリコール通知をを出した.More....
 (翻訳:吉井康裕)

9.ワルファリンの投与量決定に役立つ新しい遺伝子検査
 米国食品医薬品局(FDA)は,患者がワルファリン(Coumadin)に敏感か否かを評価し,投与量の決定に役立つ新しい遺伝子検査の販売を許可した.More....
 (翻訳:吉井康裕)
 

学会ニュース(College news)

10.米国内科学会(ACP)の指導部は児童健康保険プログラム(SCHIP)の制定について遺憾を表明
  議会指導部への手紙の中で,米国内科学会(ACP)David C. Dale, FACP会長は,メディケア受益者がケアを享受するために重要ないくつかの課題を解決せずに児童健康保険プログラムの再認可が進められようとしていることに深い懸念と失望を表明した.More....  
 (翻訳:吉井康裕)

11.米国専門医協会(ABMS)はKevin B.Weiss,FACPを会長および最高経営責任者に選出
  米国内科学会(ACP)のRegent Kevin B. Weiss, FACPが米国専門医協会の会長および最高経営責任者に任命されたことが先週,協会から発表された.More....  
 (翻訳:吉井康裕)

12.IMpactの最新記事,学会医学生ニュース
  IMpact9月号は患者を入院させずに外来診療を続けていることに驚くほど成功しているテキサス州の内科医で米国内科学会会員Bill J Johnson氏のインタビューを掲載している.More....  
 (翻訳:道免和文)