Journals

Annals of Internal Medicine

ACP Japan ChapterのPublic Relations Committee (PRC) では、”In the Clinic”を米国本部の許可を得て翻訳するプロジェクトを実施しています。”In the Clinic”は臨床現場に必要な知識をご専門の先生が記述する記事で、Annalsof Internal Medicine誌の中でも人気のセクションです。この翻訳プロジェクトでは、非常に多くの先生方がかかわっています。10を超える翻訳チームの先生方、仕上がった翻訳を監修するPRCの委員の先生方、ご専門の立場から日本で状況が異ならないかご確認いただきます専門監修の先生方、そして、地味にスゴイ!QCの先生方といった具合に多くの先生方が、ご診療やご研究、そして、研修や後進のご指導の傍ら時間を割いてプロジェクトにご尽力くださいました。

私共の翻訳が米国のAnnals of Internal Medicine誌のホームページへ掲載されました。
利用条件がありますので、念のためご確認の上ご利用いただければ幸甚です。

利用条件はこちら:http://annals.org/aim/pages/conditions-of-use

ITC001およびITC002の記事は翻訳のサンプルとして特別にAnnals of Internal Medicineを購読していない方でも全文を読むことができるようになっています。(2020年10月30日まで)是非、読んでいただきたいと思います。これらの記事が先生方のご診療にご研究の役に立つ日が来ることを祈念しております。

ITCプロジェクトリーダー兼 PRC 副委員長  北野夕佳
PRC 委員長  大島康雄
PRC 副委員長  原眞純

In the Clinic (season 1)

Volume 154 (2011)

翻訳配信中止のお知らせ

ACP日本支部のPublication Committeeは、2005年11月よりObserver Weekly (2008年にInternist Weeklyと改名) を 、2007年1月よりAnnals of Internal Medicineの翻訳を行い、抄録をACP日本支部のホームページに掲載して参りました。2011年3月11日の東日本大震災後、両誌の翻訳を休止しておりましたが、今回ACP日本支部で話し合い、本年3月16日ホームページ掲載分をもって翻訳の中止を決定いたしました。なお、本ホームページには当分の間、両誌の翻訳を掲載しております。翻訳作業中に委員会で作成しました翻訳用語集(翻訳担当者用)も同サイトに掲載しておりますので、両誌のみならず英語論文を読むときの参考にしていただければ幸甚です 。なお、Publication Committeeは、今後はPublic Relations Committeeと改名して、本会の広報活動を行なっていく予定ですので、引き続きご支援のほどお願いします。

2011年6月 Publication Committee 委員長 宇野久光
副委員長 川村光信、吉田直之

Volume 153 (2010)

Volume 152 (2010)

Volume 151 (2009)

Volume 150 (2009)

Volume 149 (2008)

Volume 148 (2008)

Volume 147 (2007)

Volume 146 (2007)