ACP Annual Conference Internal Medicine Meeting 2024    Rising Star Scholarship Program 参加レポート(2)

2024年5月24日

ACP Annual Conference Internal Medicine Meeting 2024

   Rising Star Scholarship Program 参加レポート

JCHO九州病院 田中 幸介

ACP Convocationで名嘉先生、矢野先生(Governor)と一緒に撮影

この度総合内科医としてのキャリアを伸ばすために貴重な機会を頂き、名嘉祐貴先生と一緒にACP I.M. (Internal Medicine) Meeting 2024への参加およびカナダのアルバータ州Foothills Medical CentreでのPOCUS (Point of Care Ultrasound) の研修を合わせて2週間参加させて頂きました。改めて支えて下さった皆様、そして快く送り出してくれたJCHO九州病院の同僚に感謝を述べさせて頂きます。本当にありがとうございます。

・Pre-course (day1.2)

Geriatrics and Palliative careとQuality Improvement(QI)を受講しました。

前者は全6モジュールからなるレクチャー形式で、事前にレジュメが配られているため予習を進めることができ、多少英語が苦手であっても十分理解が出来ました(その他のpre-courseも多くが事前配布があった様子)。

後者は事前学習用の反転授業を受けてから臨みました(当日資料は終了後配布)。当日はそれを踏まえて自己の実現したいQIを洗練させ、プレゼンしていくsmall group discussionの形式でした。英語が堪能ではない私には少しハードルが高くありましたが、参加者はとてもフレンドリーで、私のプレゼンも真摯に聞いてくれ、充実した時間を過ごすことが出来ました。

ランチョンは両日共にワクチンをテーマとしたセッションに参加しました。ランチがビュッフェ形式であったり、手元から投票を行う参加型であったりと日本の違いを感じました。また、こちらも終了後に資料共有がされるシステムであり、復習が非常にしやすい環境になっていました。

・ACP IM Meeting 2024 (day3.4.5)

本会では多くのセッションがあり、主に教育に関するセッション(教育回診のやり方やプレゼンテーションなど)を受けました。また、Doctor’s Dilemmaやポスター発表など活躍されている若手の方々から大変刺激を受けました。セッション以外ではConvocationへ参加(圧巻)、懇親会やBrigham and Women’s Hospitalの見学を通して、多くの海外でご活躍の日本の方々(学生から大先輩まで)と交流することが出来ました。

カナダのアルバータ州支部長 Dr. Irene Maと一緒に撮影

・POCUS @Foothills Medical Centre (Week 2)

Dr.Maを師事し、1週間POCUSを学んできました。ローテーター3人、フェロー1人、Dr.Maの合計5人のPOCUS TEAMに入れてもらいました。ローテーターは年に30-40人程度いるとのことであり、非常に人気があることが伺えました。facultyは6人程いますが、まだまだ足りないとのことでした。基本業務はコンサルト患者の診察(POCUS)および手技(主には腹水・胸水・関節穿刺など)をDr.Maの直接指導の元に行っていました。ランチはチーム全員で、コンサルト業務終了後はDr.Maがリクエストに合わせたレクチャーを膨大な資料の中から(もしくはホワイトボード形式で)教えてくれるといった非常に贅沢なものでした。どうしてもDr.Maの都合が合わない時はレジデント同士(+私)でPOCUSの練習をし、技量を高めていました。中日には懇親会も開いて頂き非常に有意義な1週間を過ごすことが出来ました。

カナダのアルバータ州支部長 Dr. Irene MaとPOCUSグループの皆様と撮影

今回2週間貴重な経験をさせて頂き、世界がとても広がったとともに自身の人脈を広げることが出来たと感じています。来年以降の方々にもRising Star Scholarship Programに是非参加して欲しいと思うとともに、可能であれば是非Dr.Maの元での研修も合わせて行うことをお勧め致します。改めまして今回貴重な機会を頂きました矢野晴美先生をはじめとした皆様に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 

 

ACP Annual Conference Internal Medicine Meeting 2024

Rising Star Scholarship Program Awardee

Kosuke Tanaka, MD, JCHO Kyusyu Hospital

I was fortunate to have a valuable opportunity to advance my career as a general internist, participating in the ACP annual meeting with Dr. Yuki Naka and undergoing a week of training in POCUS at Foothills Medical Centre. I would like to express my gratitude to everyone who supported me and to my colleagues at JCHO Kyushu Hospital, who kindly let me attend. Thank you very much.

・Pre-course (day1.2)

I took lectures on Geriatrics and Palliative Care and Quality Improvement (QI). The former consisted of six modules in a lecture format, with handouts provided in advance, allowing me to prepare and understand the content adequately despite my limited English proficiency (it seemed that many other pre-courses also had pre-distributed materials). For the latter, I attended a flipped classroom for pre-learning (materials were distributed after the session). On the day of the course, we refined the QI we wanted to achieve based on that pre-learning and presented it in a small group discussion format. Although I’m not good at English, the participants were very friendly, listened attentively to my presentation, and I had a fulfilling time.

For both days of lunch, I attended sessions on vaccine-related topics. I noticed differences from Japan, such as buffet-style lunches and interactive voting. Also, the materials were shared after the sessions, making it easy for review.

・ACP IM Meeting 2024 (day3.4.5)

At the conference, I attended many sessions, primarily focusing on education (such as how to conduct educational rounds and presentations). I was also inspired by young professionals who were active in activities like Doctor’s Dilemma and poster presentations. Besides the sessions, I participated in Convocation (impressive), as well as networking events and a visit to Brigham and Women’s Hospital, where I was able to meet many Japanese professionals who are active overseas (from students to senior professionals).

・POCUS @Foothills Medical Centre (Week 2)

During the second week, I studied POCUS at Foothills Medical Centre under the guidance of Dr. Ma. I was placed in a POCUS team consisting of three rotators, one fellow, and Dr. Ma, totaling five members. I learned that there are about 30-40 rotators per year, indicating its popularity. While there are six faculty members, more are still needed. Our main tasks were conducting consultations (POCUS) and procedures (mainly for ascites, pleural effusion, and joint aspiration) under Dr. Ma’s direct supervision. Lunch was shared with the entire team, and after finishing the consultation work, Dr. Ma generously taught us requested topics from a lot of lectures (or on a whiteboard). When Dr. Ma was unavailable, the residents practiced POCUS among themselves (+ me) to improve their skills. We also had a dinner mid-week, making it a very fruitful week.

Through this two-week training, I feel that my world has expanded, and I have been able to expand my network. I hope that future participants will also take part in the Rising Star Scholarship Program and, if possible, I highly recommend training under Dr. Ma. Once again, I sincerely thank everyone, especially Dr. Harumi Yano, for this valuable opportunity. Thank you very much.

ACP Annual Conference Internal Medicine Meeting 2024    Rising Star Scholarship Program 参加レポート(1)

2024年5月21日

ACP Annual Conference Internal Medicine Meeting 2024

   Rising Star Scholarship Program 参加レポート

                         名瀬徳洲会病院 名嘉 祐貴

私は2024年4月18~20日にBostonで開催された,ACP IM (Internal Medicine) Meeting 2024に参加させていただきました。本参加により様々な貴重な経験を得て,今後の総合内科としてのキャリア形成につながると強く感じました。この経験はACP日本支部からのサポートのおかげで実現しました。サポートいただいた方々に心より御礼申し上げるとともに,学会参加で得た学び,そして感想を共有します。

ACP日本支部では,総合内科キャリアパス支援の奨学金制度:Rising Star Scholarship Programが今年度よりスタートしました。私は田中幸介先生とともに,本Programの第一期生として選んでいただき,本学会に参加させていただきました。

本学会に参加して一番強く感じたのは,すべてのセッションが非常に教育的であるということです。私は本会前の2024年4月16日・17日に行われたPre-Courseから参加しました。2024年4月16日:Geriatrics and Palliative Care,2024年4月17日:Practical Office Orthopedicsを受講しましたが,どちらのセッションもスライドや講義の中で重要点が分かりやすく整理されており,実践的かつ非常に明快で,自分の中で曖昧だった知識が整理されたと感じました。Orthopedicsでは適宜,内科外来でできる診察法のデモンストレーションがあり,まさにPracticalなセッションでした。

2024年18日~20日の本会も多数のセッションが目白押しでした。Hospital at Home for Older Adultsというセッションでは,米国の医療・医療費の歴史を知ることができ,日本の訪問診療・介護と自分の中で比較しながら非常に興味深く聴講しました。学会を通して,内科学の大事な点は共通しているものの,非常に洗練された伝え方で記憶に残るセッションが多いと感じました。また,2024年4月19日にはBrigham and Women’s Hospitalを案内していただき,米国での医療体制,システムの実際を見学させていただきました。

初めての国際学会で不安もありましたが,非常に多くの方々と交流でき,米国と日本の医療の違い・共通点などを知ることができました。知識はもちろん,自分の視野・世界がとても広がったと思います。Rising Star Scholarship Programは,私の今後のキャリア形成に大きな影響を与えると確信しています。今後も国際的な場へ積極的に参加し,自身の,そして日本の医療の質向上に貢献していきたいと思います。改めまして,ACP日本支部長 矢野晴美先生をはじめ,関係者の皆様方に厚く御礼申し上げます。

 

 

ACP Annual Conference Internal Medicine Meeting 2024

Rising Star Scholarship Program Awardee

       Yuki Naka, MD, Naze Tokushukai Hospital

I participated in the ACP IM (Internal Medicine) meeting 2024, held in Boston on April 18-20. I gained a lot of valuable experiences through this meeting, and I strongly felt that it will lead to my future career development as a general internist. This experience was made possible by the support of the ACP Japan Chapter. I would like to express my sincere gratitude to those who supported me and share my learning and impressions from the conference.

The ACP Japan Chapter has started a scholarship program to support the career path of general internal medicine: the Rising Star Scholarship Program. I was selected as one of the first doctors of this program, along with Dr. Kosuke Tanaka.

I strongly felt that all the sessions were very educational. I started to attend from the Pre-Courses on 16th and 17th, Geriatrics and Palliative Care on 16th and Practical Office Orthopedics on 17th. In the Orthopedics session, there were demonstrations of examination methods that can be used in the outpatient department of internal medicine, and it was a very practical session.

The sessions from the 18th to the 20th were also very interesting. In the session “Hospital at Home for Older Adults”, I learned about the history of medical care and medical costs in the U.S., which I found very interesting as I compared it to Japanese medical care and nursing care. Throughout the conference, I felt that although the important aspects of internal medicine were common, many of the sessions were very sophisticated and memorable in the way they were delivered. On the 19th, we were taken on a tour of Brigham and Women’s Hospital to see the actual medical system in the United States.

Although I was anxious about my first international conference, I was able to interact with a great number of people and learn about the differences and similarities between medical care in the U.S. and Japan. I am confident that the Rising Star Scholarship Program will have a great impact on my future career development. I would like to continue to actively participate in international conferences and contribute to improving the quality of medical care in Japan. Once again, I would like to thank Dr. Harumi Yano, Governor of ACP Japan Chapter, and all the people involved.

Governor’s Newsletter(May. 2024)

2024年5月8日

米国内科学会日本支部 支部長

矢野(五味)晴美

新年度が始まり、会員の皆様におかれましては益々のご活躍のことと拝察いたします。

毎年4月ごろACP米国本部の総会が開催されます。本年度はボストンで開催されました。

日本支部からは、総勢約20名の方が参加されました。恒例のJapan Chapter Receptionには、70名近い方をお招きし、多くの方にお立ち寄りいただきました。長く日本で教育活動をしている米国在住の先生方も含まれ、大変頼もしく思いました。また私のGovernor同期のClass of 2027の仲間や、ACP本部 CEO, Board of Regentの方にも多数、お越しいただきました。今回は初日のプレナリーで世界の医療における人工知能(AI)の影響に関するお話がありました。AIにより医療が現実的に少しずつ影響を受け始め、研究も進んできております。またさまざまな新しい知見が発表され、標準治療が変更となる場合も多数、共有されました。多様性の推進はさらに進み、マイノリティーの尊重を重視する姿勢は非常に明確に打ち出されています。特に外国の医学部卒業生 (IMG)に関して、その立場の理解や支援の必要性など、ACPとして指針を採択したり、パネルディスカッションが開催されました。

今回、日本支部では、学生部門のポスター発表、Doctor’s Dilemmaに参加、2023年度から開始された総合内科の育成のための奨学金であるRising Star Scholarship Programで2名の方が学会に参加され、1名はカナダのカルガリーでの臨床見学を1週間行いました。

またMACP(最高栄誉会員) およびFACP(上級会員)に昇進された方、Chapterで受賞された方はConvocation授賞式に参加し、その達成をみんなで祝福しました。プロフェッショナルとして、学術的な目標達成の面で、非常に感慨深い時間となりました。今回のACP本部総会では、多くの出会い、再会、学術的な交流があり、大変有意義な機会となりました。まだ参加されたことのない方は、ぜひ、参加してみてください。

また2024年6月22-23日(土日)には、5年ぶりに対面で、東京にてACP日本支部総会・講演会が予定されております。多くの会員の皆様にぜひご参加いただけましたら幸いです。今回は、働き方改革の法改正が施行された年でもあり、Physician Well-being 2.0のエキスパートであるノースカロライナ支部長のMarion McCrary先生をお招きしております。そのほかインド支部の先生方のご講演や生涯教育のためのコアレクチャーシリーズもあります。予防医学推進委員会、学生委員会等、活発な活動をしている委員の方々の企画も目白押しです。会員の皆様と5年ぶりに対面でACP日本支部総会・講演会でお会いできますのを楽しみにしております。

 

As the new fiscal year begins, I hope that all of our members are doing well.

Every year in April, the ACP U.S. Headquarters holds its annual conference. This year, the conference was held in Boston.

Approximately 20 people from the Japan Chapter attended the meeting. Nearly 70 people were invited to the annual Japan Chapter Reception, and many people stopped by. It was very encouraging to see that some of the attendees included US-based teachers who have been active in education in Japan for a long time. I was also pleased to see many of my fellow Governor from Class of 2027, as well as the CEO of ACP Headquarters and the Board of Regents. The plenary session on the first day of the conference focused on the impact of Artificial Intelligence (AI) on global healthcare, which is starting to have a real impact on healthcare and research. Various new findings were presented, and many cases were shared where the standard of care has been changed. The promotion of diversity has advanced and the emphasis on respect for minorities was very clear. In particular, the ACP adopted guidelines and held a panel discussion on the need to understand and support the position of foreign medical graduates (IMGs).

The Japan Chapter participated in the poster presentation of the student section and the Doctor’s dilemma. Two awardees of the Rising Star Scholarship Program, a scholarship for the career development of general internal medicine that started in FY2023, attended the conference. One of them did a one-week clinical observership in Calgary, Canada.

Those who were promoted to MACP (Member with Highest Honors) and FACP (Senior Member) and those who received awards at the Chapter, attended the Convocation Awards Ceremony and were congratulated by everyone for their accomplishments. It was a very emotional time in terms of professional and academic goals achieved. This ACP Headquarters General Assembly was a great opportunity for many encounters, reunions, and academic exchanges. If you have not yet attended, I encourage you to do so.

In addition, the ACP Japan Chapter Annual Conference is scheduled for Saturday and Sunday, June 22-23, 2024 in Tokyo. We hope that many of our members will be able to attend. This year is also the year that the new law on working hours and workplace culture  came into effect, and we have invited Dr. Marion McCrary, Governor of the North Carolina Chapter, who is an expert on Physician Well-being 2.0. Other speakers include the faculty from the Indian Chapter and clinicians or faculty for the Core Lecture Series for Continuing Professional Development. Preventive Medicine Promotion Committee, the Student Committee, and other active committee members have a lot planned. We look forward to seeing all of our members in person for the first time in five years at the ACP Japan Chapter Annual Conference 2024.

 

 

2022~2023年度ACP日本支部Young Leadership Award受賞者の言葉

2024年4月3日

2022~2023年度ACP日本支部Young Leadership Awardを受賞して

明石医療センター 総合内科の官澤 洋平先生から、2022~2023年度ACP日本支部Young Leadership Award受賞の報告を頂きましたのでご報告いたします。

本賞はACP日本支部の会員でありACPの活動にリーダーシップを発揮して大きく貢献されている若手の方(ノミネート時に満40歳以下)に授与される賞です。

明石医療センター 総合内科

官澤  洋平

Yohei Kanzawa, MD

このたびは素晴らしい賞を受賞することができ光栄で大変うれしく思います。

委員長を務めさせていただいておりますPRC(public relations committee)での活動を中心にご評価いただいての受賞だと思います。PRCの活動はたくさんの方々に支えられております。わたし一人の力ではなく委員の先生をはじめ多くの協力していただいております先生がたと一緒に受賞できたという実感があり喜びは一際です。委員の先生がたには日々の臨床でお忙しいなかエフォートをさいていただいており改めて感謝の意を表させていただきます。

In the Clinic翻訳プロジェクトに関わっていただいたメンバーはPRCのメンバーのみではなく翻訳に名乗りをあげてくださった方々や、専門監修の先生がたなど多くの方々に支えられなんといまでは18本の翻訳原稿が完成しております。新しいHPに関わり特集ページを作成しながらこんなにもたくさんの方々に支えられたプロジェクトなのだなと改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。参加されたみなさまを特集ページ(https://www.acpjapan.org/itc/ )にご紹介させていただいておりますのでぜひご覧ください。

また、わたしは米国への臨床留学の経験はありませんが、そのような中でも受賞できたことは、海外での経験の有無に関係なくつながりを持てるという国内で頑張るみなさまの励みになってくれたらうれしいです。

引き続きACP日本支部のみなさまの活動や、学びの機会を広くお伝えしていきたいと思います。

改めてありがとうございました。

2022~2023年度ACP日本支部Volunteerism Award受賞者の言葉

2023年12月4日

2022~2023年度ACP日本支部Volunteerism Awardを受賞して

島根大学総合医療学講座の牧石徹也先生から、2022~2023年度ACP日本支部Volunteerism Award受賞の報告を頂きましたのでご報告いたします。

本賞は医療、福祉、教育に関してボランティア活動として多大な社会貢献をされたACP会員の方に授与される賞です。

ACP Japan Chapter Volunteerism Awardに選出くださり、大変光栄に存じます。

私は2010年にACPに入会しました。医学生時代に米国での臨床留学に憧れてUSMLEを受験したりしつつも、卒業し、家庭を持ち、日々の臨床に追われる中で、いつの間にか臨床留学の夢がほろ苦い思い出に変わった三十代半ばの頃でした。

ACP-JCではこれまで、YPC (Young Physicians Committee)、IEPC (International Exchange Program Committee)、そしてPWC (Physicians’ Well-being Committee)に所属させて頂きました。ACP本部の方では過去数年間Capstone ProjectのReview Boardに参加させて頂いております。これらの活動を通じ、通常の学会活動では決して知り合うことの出来なかったであろう素晴らしい先生方や事務の方々と日々連絡を取り、さまざまなプロジェクトをご一緒する機会に恵まれました。立場の異なるもの同士、メンバー間での意見交換や情報共有、またミーティングでの雑談など、全てが貴重な経験でした。PWCではメンバー内外のご協力により『医師の燃え尽き症候群』(金芳堂)の編集にも携わらせて頂くが出来ました。本の刊行など一生無関係だろうと思っておりましたが、意義のある書籍の出版に関わらせて頂きましたことを大変感謝しています。また、委員会活動では歴代支部長の温かいご支援を常に感じておりました。改めて厚く感謝申し上げます。

この他、2014年、矢野晴美先生(現ACP-JC 支部長)に強く背中を押して頂いて当時IEPCが提供していたUCLA関連病院での臨床見学プログラムに参加する機会にも恵まれました。ロサンゼルス郊外にあるOlive View病院での1ヶ月間は、苦い思い出を消し去ってくれただけでなく医学教育への向き合い方を再考する貴重な機会となりました。またそこで、生涯の友となるルームメイトに出会うことにもなりました。

ACPでの活動を通じた様々な出会いやそこで受けた刺激によって私のキャリアは入会前に予想していたものから大きく変化し、2020年から現在の職場に移動することになりました。現在、医学生・研修医への教育や、若手へのジェネラルマインド涵養に携わる立場となりましたが、教えるよりも学ばねばならないことが圧倒的に多く、職場は変われど万年研修医の立ち位置にいささかの変化もありません。ただ、ACPのお陰で(朧げながら)理解した『世界標準の医学教育の型』をもとに彼らの視野を広げることに全力を尽くすことで、ACP、そしてお世話になって多くの方々へのご恩返しとしたいと思っております。

今回の受賞は(持ち前の厚かましさで)ACPの活動に多数参加させて頂いたことや書籍の出版などをご評価頂いたものかと存じますが、上述の通り感謝申し上げるのは私の方であり、頂いて良かったものやら大変恐縮しております。今後引退するまでの間、世のため人のためACPのために尽くすことで、何とか本賞に相応しい貢献が出来ればと思っております。面目ございませんがご容赦ください。

最後に、ACPメンバーであることの一番の特典は、支部そして本部の様々な活動に積極的に参加することによって得られるネットワーキング、そしてそれがもたらす邂逅・セレンディピティにあると思います。そういった活動への参加には(私がそうであったように)経歴も職位もインパクトファクターも英語の上手い下手も関係ありません!ぜひ、皆さまがACPの提供する様々な活動に積極的に参加され、素晴らしい出会いに恵まれますことを心より祈念しております。

2022~2023年度ACP日本支部Laureate Award受賞者の言葉

2023年12月1日

2022~2023年度ACP日本支部Laureate Awardを受賞して

横浜市立大学附属市民総合医療センターの平和伸仁先生から、2022~2023年度ACP日本支部Laureate Award受賞の報告を頂きましたのでご報告いたします。

本賞は、ACP日本支部の発展に長年にわたり尽力された会員、今後も継続してACP日本支部に貢献して戴ける先生、会員歴10年以上の先生に授与される賞です。

横浜市立大学附属市民総合医療センター 病院長補佐

腎臓・高血圧内科部長、臨床教育研修センター長

平和 伸仁 Nobuhito HIRAWA, MD, PhD, FACP, FAHA, FJSIM, FJSH

 

この度は、2022~2023年度ACP Japan Chapter Laureate Awardを頂き、大変有難く、日本支部会員の皆様に心より感謝申し上げます。

私は、黒川清先生が米国ACP本部との調整により、日本内科学会内科専門医がACP会員になれるという道筋を作ってくださったことから、また、当時日本内科学会でACP日本支部事務局をされていた宮本晴子さんのご協力のおかげで、本会に入会できるようになりました。ACP会員になってからPublic Relations Committeeに入れていただき、Annals of Internal Medicineの翻訳作業などをさせていただくことから支部の仕事を開始しました。そして、横浜市大循環制御医学の石川義弘教授、藤沢市民病院の西川正憲病院長の推薦をいただき2006年にFACPの称号もいただきました。特に感激したのは、その翌年Convocation Ceremony参加のために出席した米国ACP総会 Internal Medicine Meetingでした。FACPの授与式前後の着替えや写真撮影などの経験に加え、会員の諸先輩方やACP本部役員、そして米国会員との交流など掛け替えのない経験をしました。

その後、ACPにおいては、Local Nomination Committee(LNC)に所属するとともに、日本支部総会への定期的な参加をしてきました。LNCでは故遠藤正之 東海大学教授のご指導のもと副委員長、委員長などを経験させていただくとともに、委員長時代にはACP日本支部 Contribution Awardを新しく創設し、日本支部に貢献されている先生を積極的に表彰するためのお手伝いをさせていただきました。後任の永山正雄先生、柳川健先生は、さらにLNCを発展させてくださり、日本支部の発展に寄与してくださっています。私は、その後、日本支部の理事を4年間担当させていただき前田賢司 前支部長のお手伝いをさせていただき、小山雄太先生ほか多くの先生と日本支部の発展についてdiscussionいたしました。そして現在、監事として矢野晴美 支部長のお手伝いさせていただいています。

ACPは、世界の臨床内科学をリードする学会です。特に米国で毎年4月に開催されているInternal Medicine Meeting(総会)に参加することは、内科学を楽しく学ぶ良い機会です。さらに、同会場で開催される日本支部レセプションや国際支部レセプションでは、さまざまな先生との交流が可能です。私は、日本高血圧学会で公表している高血圧治療ガイドライン2019の事務局長をしておりましたが、ACPのガイドライン作成責任者であったQaseem先生と血圧管理についてdiscussionできたことはとても参考になりました。会員の皆様におかれましては、ぜひ、日本支部の総会とともに米国での総会にもご参加いただき、学びを感じるとともに日本支部のプレゼンスを高めていただければと思います。

最後に、私にACP日本支部での活動の機会をいただいたうえ、このような栄誉ある賞を授与いただき、重ねて御礼申し上げます。今後も矢野支部長の元、ACP日本支部がますます活発化して、日本の内科学をリードするとともに、若い医師を含めた全会員をサポートする教育的な会として発展していくことを祈念しております。誠にありがとうございました。

2022~2023年度ACP日本支部Contribution Award受賞者の言葉(3)

2023年11月30日

2022~2023年度ACP日本支部Contribution Awardを受賞して

千葉西総合病院内科の八重樫 牧人先生から、2022~2023年度ACP日本支部Contribution Award受賞の報告を頂きましたのでご報告いたします。

本賞はACP日本支部の会員でありACPの活動で貢献されている方に授与される賞です。

千葉西総合病院 内科 診療部長

八重樫 牧人

Makito Yaegashi, M.D, FACP, FCCP

この度はACP日本支部からACP Japan Chapter Contribution Awardを受賞し、心から光栄に思っております。私は米国内科レジデント・呼吸器内科フェロー・集中治療フェローの研修を修了して日本に2006年に帰国しましたが、その後からACP日本支部会員として活動させて頂いております。

予防医療に関しましては、2015年から毎年のACP日本支部総会で予防医療のセッションを企画・担当させて頂き、日本の医療で欠けている予防医療が広まるように情報発信しております。また、2023年からは日本支部の予防医学推進タスクフォースの委員長として私を含め18名の委員とともに活動しております。がん検診でも、予防接種でも、その他の予防医療の項目でも、米国ではかかりつけの内科医に外来受診していればエビデンスで有効と証明された予防医療行為は推奨されることが必須となっています。日本でもそのような医療が当たり前に提供され、国民が健康で長生きできる医療を目指しています。

MKSAPは世界レベルの内科医になるための最強の症例勉強ツールと信じ、その普及・活用にも取り組んでおります。2017年のRFCセミナーから始まり、2018年のACP日本支部総会から毎年MKSAPのインタラクティブなセッションを開催し、エビデンスに基づく最良の医療が日本で普及するようにMKSAPの認知・活用に努めております。職場でもMKSAPのオンライン勉強会を毎週行っており、登録者は500名近くとなりました。日本病院総合診療医学会の総会でもMKSAPのセミナーを数多く開催し、他学会との交流にも繋げております。

毎年のACP日本支部総会では、最新論文20選の共同演者となったりDoctor’s Dilemmaの出題者となったりはしておりますが、まさか私がこのような賞を頂けるとは思っておりませんでした。大変感謝しております。日本の医療は良くも悪くもガラパゴス化しています。米国・海外と視野を広げることで、日本の「伸びしろ」をエビデンスに基づき改善に繋げられるのがACP日本支部だと信じております。私の予防医療とMKSAPの活動もその一環であり、ベクトルが100%一致する素晴らしい学会があり、その一員であることは誇りです。今回の受賞を新たなスタートと捉え、微力ながら貢献させて頂きます。今後ともご指導ご鞭撻よろしくお願い致します。

2022~2023年度ACP日本支部Contribution Award受賞者の言葉(2)

2023年11月29日

2022~2023年度ACP日本支部Contribution Awardを受賞して

飯塚病院総合診療科の清田雅智先生から、2022~2023年度ACP日本支部Contribution Award受賞の報告を頂きましたのでご報告いたします。

本賞はACP日本支部の会員でありACPの活動で貢献されている方に授与される賞です。

飯塚病院総合診療科 診療部長

清田雅智

Masatomo Kiyota, MD.

2023年にACP日本支部よりContribution Awardという栄誉ある賞を与えていただきました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

私は福岡県の飯塚市で、研修医から29年の間ただ目の前の臨床と研修医への教育に携わってきた者です。私と米国の内科との接点は、飯塚病院の計らいでPGY-2にGeorgetown Universityへ派遣いただいた1ヶ月の見学と、PGY-11にMayo Clinicにvisiting clinicianという立場で感染症の勉強を3ヶ月行ったのみです。ACPに特に関係があったわけではございませんが、当時のGovernorのお計らいで2013年より招聘講演という形でお招きいただき、その後約10年間ACP日本支部の年次総会に参加させていただきました。講演では臨床で悩んできた難しい症例を中心に、自身が学んできたことを皆様とシェアをする気持ちで臨んでおりました。そして冗長ともいえる多くの文献を引用して、疾患の理解のため歴史的経緯をわかるように配慮をしてきたつもりです。時には参加者が会場から溢れるほど集まっていただいたこともあり、この会に参加される方々の熱意を感じつつ、感謝の気持ちを持ちながら講演をさせていただいておりました。また、この会を通じて知遇を得て交流が始まった先生方が多くおられ、私自身にとっても人的な財産にもなっております。

ACP日本支部は、米国で内科医として研鑽をされた医師が中心となり運営されていますので、海外に行ったことがないような国内の医師にとってはハードルが高く感じられるかと思います。しかし、厳密には日本でしか臨床をしていない私のような医師でも、ACPがその貢献を認めたということは、ある意味象徴的な出来事かと思います。英語が不得意でも、真摯に向き合えば、この学会を通じて学んだり活躍できることは多いと感じております。海外に行けないと思っている若い日本人医師へのメッセージとして、この会への参加の価値を強くお勧めいたします。私のこの受賞が、次の若い医師にとっての励みになりますことを期待しております。

2022~2023年度ACP日本支部Contribution Award受賞者の言葉(1)

2023年11月27日

2022~2023年度ACP日本支部Contribution Awardを受賞して

国際医療福祉大学大学院医学研究科・医学部脳神経内科学の永山正雄先生から、2022~2023年度ACP日本支部Contribution Award受賞の報告を頂きましたのでご報告いたします。

本賞はACP日本支部の会員でありACPの活動で貢献されている方に授与される賞です。

国際医療福祉大学大学院医学研究科・医学部脳神経内科学 教授

永山 正雄 Masao NAGAYAMA, MD, PhD, FACP, FAAN, FNCS, FJSIM

この度はACP Japan Chapter Contribution Awardに選出頂き、大変光栄に存じます。これまで常にsubspecialtyであるNeurology、神経学、脳神経内科学と同等あるいはそれ以上に内科学に関する診療、教育、研究に取り組んで参りましたので、ACP Japan Chapterから学び、ACP Japan Chapterに貢献することは当然のことでした。その結果、思いがけずこの賞を拝受できることはこの上ない喜びです。

私は以前から、米国をはじめとする海外との交流、共同研究、国際協力に取り組んでおりますが、内科学以外に脳神経内科学、神経集中治療医学のフェロー(上級会員)を米国学会から戴き、国際的、学際的、多職種での仕事を行う機会に恵まれてきました。また各領域にわたる横断的テーマとして、鑑別診断、急性期重症患者管理、蘇生、医療安全・危機管理、医の倫理・生命倫理、医学教育とくに医学英語教育に取り組んで参りました。これらの切り口からの多種多様なアプローチが内科臨床、内科学、引いては領域を超えて予防医学・医療、リハビリテーション医学・医療の向上に繋がり、わが国のプレゼンスの向上に貢献できるものと信じつつ、その最も重要な場としてACP Japan Chapterでの活動になお一層取り組んで参りたいと思います。この度は本賞に選出頂き誠に有難うございました。

 

Excellence Award Winner (Case Report Category)

2023年11月24日

Excellence Award (Case Report Category) Recipient’s Remarks

Taiga Komatsu

St. Luke’s International Hospital

I am honored to have received the Excellent Award (Case Report Category) at the ACP Japan Chapter Annual Meeting 2023. I presented a case of “Diagnosis of human alveolar echinococcus mimicking cancer of unknown primary”. First, we could not find the primary tumor and then we also did a biopsy, the result of which suggested echinococcus. In this case, I emphasized how important history taking is.

We sometimes rely on the result of blood tests and imaging to diagnose without spending enough time in history taking and physical exams. Because the primary tumor was not found in this case, we did imaging, endoscopy/colonoscopy and a biopsy, and then we first suspected echinococcus. After that, we were able to get a reasonable social history. This reminds me of the importance of history taking because if we had asked more at first, we would have gotten the correct diagnosis earlier.

I would like to take this opportunity to thank the doctors of the Department of Medical Oncology, Hokkaido University, who taught me a lot. I would also like to express my gratitude to all involved in ACP Japan Chapter Annual Meeting for giving me such a wonderful chance to make a presentation.