Governor’s Newsletter(May. 2024)

2024年5月8日

米国内科学会日本支部 支部長

矢野(五味)晴美

新年度が始まり、会員の皆様におかれましては益々のご活躍のことと拝察いたします。

毎年4月ごろACP米国本部の総会が開催されます。本年度はボストンで開催されました。

日本支部からは、総勢約20名の方が参加されました。恒例のJapan Chapter Receptionには、70名近い方をお招きし、多くの方にお立ち寄りいただきました。長く日本で教育活動をしている米国在住の先生方も含まれ、大変頼もしく思いました。また私のGovernor同期のClass of 2027の仲間や、ACP本部 CEO, Board of Regentの方にも多数、お越しいただきました。今回は初日のプレナリーで世界の医療における人工知能(AI)の影響に関するお話がありました。AIにより医療が現実的に少しずつ影響を受け始め、研究も進んできております。またさまざまな新しい知見が発表され、標準治療が変更となる場合も多数、共有されました。多様性の推進はさらに進み、マイノリティーの尊重を重視する姿勢は非常に明確に打ち出されています。特に外国の医学部卒業生 (IMG)に関して、その立場の理解や支援の必要性など、ACPとして指針を採択したり、パネルディスカッションが開催されました。

今回、日本支部では、学生部門のポスター発表、Doctor’s Dilemmaに参加、2023年度から開始された総合内科の育成のための奨学金であるRising Star Scholarship Programで2名の方が学会に参加され、1名はカナダのカルガリーでの臨床見学を1週間行いました。

またMACP(最高栄誉会員) およびFACP(上級会員)に昇進された方、Chapterで受賞された方はConvocation授賞式に参加し、その達成をみんなで祝福しました。プロフェッショナルとして、学術的な目標達成の面で、非常に感慨深い時間となりました。今回のACP本部総会では、多くの出会い、再会、学術的な交流があり、大変有意義な機会となりました。まだ参加されたことのない方は、ぜひ、参加してみてください。

また2024年6月22-23日(土日)には、5年ぶりに対面で、東京にてACP日本支部総会・講演会が予定されております。多くの会員の皆様にぜひご参加いただけましたら幸いです。今回は、働き方改革の法改正が施行された年でもあり、Physician Well-being 2.0のエキスパートであるノースカロライナ支部長のMarion McCrary先生をお招きしております。そのほかインド支部の先生方のご講演や生涯教育のためのコアレクチャーシリーズもあります。予防医学推進委員会、学生委員会等、活発な活動をしている委員の方々の企画も目白押しです。会員の皆様と5年ぶりに対面でACP日本支部総会・講演会でお会いできますのを楽しみにしております。

 

As the new fiscal year begins, I hope that all of our members are doing well.

Every year in April, the ACP U.S. Headquarters holds its annual conference. This year, the conference was held in Boston.

Approximately 20 people from the Japan Chapter attended the meeting. Nearly 70 people were invited to the annual Japan Chapter Reception, and many people stopped by. It was very encouraging to see that some of the attendees included US-based teachers who have been active in education in Japan for a long time. I was also pleased to see many of my fellow Governor from Class of 2027, as well as the CEO of ACP Headquarters and the Board of Regents. The plenary session on the first day of the conference focused on the impact of Artificial Intelligence (AI) on global healthcare, which is starting to have a real impact on healthcare and research. Various new findings were presented, and many cases were shared where the standard of care has been changed. The promotion of diversity has advanced and the emphasis on respect for minorities was very clear. In particular, the ACP adopted guidelines and held a panel discussion on the need to understand and support the position of foreign medical graduates (IMGs).

The Japan Chapter participated in the poster presentation of the student section and the Doctor’s dilemma. Two awardees of the Rising Star Scholarship Program, a scholarship for the career development of general internal medicine that started in FY2023, attended the conference. One of them did a one-week clinical observership in Calgary, Canada.

Those who were promoted to MACP (Member with Highest Honors) and FACP (Senior Member) and those who received awards at the Chapter, attended the Convocation Awards Ceremony and were congratulated by everyone for their accomplishments. It was a very emotional time in terms of professional and academic goals achieved. This ACP Headquarters General Assembly was a great opportunity for many encounters, reunions, and academic exchanges. If you have not yet attended, I encourage you to do so.

In addition, the ACP Japan Chapter Annual Conference is scheduled for Saturday and Sunday, June 22-23, 2024 in Tokyo. We hope that many of our members will be able to attend. This year is also the year that the new law on working hours and workplace culture  came into effect, and we have invited Dr. Marion McCrary, Governor of the North Carolina Chapter, who is an expert on Physician Well-being 2.0. Other speakers include the faculty from the Indian Chapter and clinicians or faculty for the Core Lecture Series for Continuing Professional Development. Preventive Medicine Promotion Committee, the Student Committee, and other active committee members have a lot planned. We look forward to seeing all of our members in person for the first time in five years at the ACP Japan Chapter Annual Conference 2024.

 

 

Governor’s Newsletter(May. 2023)

2023年5月8日

新任のご挨拶

3G (Gender, Generation, Geography)を超えて

3E(Equitable, Enjoyable, Empowering)の実現へ

米国内科学会日本支部 支部長

矢野(五味)晴美

この度、前任の前田賢司支部長を引き継ぎ、第5代目の日本支部長に就任することとなりました、矢野(五味)晴美と申します。ポスト新型コロナウイルスの時代が幕開けし、様々な変化があることが予想されます。その中で、日本支部として、4年間の任期中に以下の3つの目標を掲げ活動したいと考えております。1つ目は、多様性の推進、2つ目は、予防医学の推進、3つ目は教育科学に基づいた卒前・卒後・生涯教育がシームレスにつながった教育の推進です。

1.多様性の推進において、日本支部の運営においてこれまで以上に多様性を重視し、多角的な視点を取り入れます。特にGovernor Advisory Council には、学生、研修医、早期キャリア医師、女性の方々に積極的に参加いただける体制としました。

またWell-being 2.0の時代となり、医師の健康・安寧についても組織として推進して参ります。

2.予防医学の推進のため、支部長直属の「予防医学推進タスクフォース」を立ち上げ、活動が開始されました。エビデンスに基づいた予防医学の推進に向け、学会として推奨事項などを臨床医の先生方に届けます。

3.教育科学に基づき、卒前・卒後・生涯教育が、連続性を持ちつながるように、学会として教育セッションを充実させたいと考えております。教育の一環で、国内外のACP会員のコラボレーションを促進し、英知を共有し、よりよい患者診療が実現できるように尽力します。 特に学生、初期研修医の方に総合内科のコアの部分を体験いただくための“Rising Star Scholarship Program”開始します。

国内の大きな課題である3G (Gender, Generation, Geography)の大きなギャップを乗り越えて、3E(Equitable, Enjoyable, Empowering)の組織を実現できるように尽力して参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ACP日本支部 支部長

矢野(五味)晴美

 

New Governor’s Statement

I succeeded Governor Kenji Maeda as of April 29, 2023, and have been appointed the 5th Governor of the Japan Chapter of the American College of Physicians. The COVID-19 pandemic has almost ended, and the new post-COVID-19 era has begun. As the Governor, I have three objectives that I aim to accomplish during the next four years. First, I would like to promote more diversity in this chapter as well as within the country at large. Secondly, I would like to promote evidence-based preventive medicine, including cancer screening and adult vaccination programs. Thirdly, I would like to promote evidence-based education for health professionals which seamlessly links the undergraduate, postgraduate, and continuing professional development stages.

Allow me to explain these three objectives in more detail.

1.Promoting diversity

I shall be including more medical students, residents/fellows, and early-career physicians and women to the Governor Advisory Committee in order to incorporate a broader perspective with which to navigate the chapter. In addition, in the era of Well-being 2.0, we will be promoting the health and well-being of physicians from an organizational standpoint.

2.Promoting evidence-based preventive medicine

In order to pursue this goal, the Preventive Medicine Task Force Committee was established, and began its activities this year. This task force shall promote evidence-based preventative medicine as an academic society by delivering recommendations to clinicians.

3.Promoting evidence-based education to health professions

I will promote seamless evidence-based education for healthcare professionals that seamlessly link the undergraduate, postgraduate, and continuing professional development stages. As part of this education, we will promote international collaboration between ACP members in Japan and abroad in order to share wisdom and realize better patient care. Another project includes the “Rising Star Scholarship Program.” This scholarship program will be launched this year to support early career residents in Internal Medicine.

We look forward to the continued support of all Members, Fellows, and Masters, as we strive to overcome the 3Gs (Gender, Generation, Geography) gap which is a major challenge in Japan, and to achieve the 3Es (Equitable, Enjoyable, and Empowering) within the organization. I truly appreciate your understanding and cooperation in advance.

 

Harumi Gomi, MD, MPH, FACP, FIDSA

Governor, ACP Japan Chapter

 

Governor’s Newsletter(Feb. 2023)

2023年2月27日

今回は私が提供する最後の日本語のニュースレターになります。思えば2019年春に支部長職を拝命し、その年の秋に初めて支部長会議に出席したものの、翌2020年にはコロナ禍が始まり、その後の渡航規制もあり渡米できない状態が続きました。その間の会議はすべてオンライン参加となり、ようやく規制が緩くなり渡米できそうだった昨年秋の支部長会議(ジョージア州サヴァンナ)はなんとハリケーン・イアンのために直前になって完全オンラインに切り替えとなってしまうというおまけまで付きました。

そのような事情で、今年の春のサンディエゴでの総会は私が支部長として出席する最初で最後の総会になりますので、ひと際感慨深いものがあります。

2019年に支部長になって初めての仕事はCredentials Membership Committee (CMC)の改変事業でした。委員長の山田康秀先生の献身的なご協力も頂き、日本全国で活躍しておられるFACPの先生方を地域別に分けて、それぞれの地域の中で入会希望者やFACP昇格希望者の推薦を行える体制を整えることができました。お陰様でFACP昇格者も順調に増えています。

また、最近では支部のホームページの改新作業を進め、一応基礎的な形は出来上がりました。これに今後少しずつ改良を加え、教育講演やセミナーなどの動画を視聴できたりするのはもちろん、様々な情報の発信基地として会員の皆様のお役に立てるツールにしていくつもりです。

私の任期はあと2か月程ですが、皆様のお力添えでなんとか無事に任期を全うできそうです。この場を借りて会員の皆様、ならびに各委員会の皆様、各理事の皆様、そして事務局の皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。私の後は矢野(五味)晴美次期支部長がさらに支部発展を目指して色々な構想を抱いていらっしゃいますので皆様の引き続きのご支援をお願い致します。

皆様のご健康とご多幸を祈りつつ。

 

ACP日本支部 支部長

前田賢司

Governor’s Newsletter(Nov. 2022)

2022年11月28日

It is hard to believe that the year 2022 is almost over. My term as a governor will end at the next annual meeting, Internal Medicine 2023, which will be held in San Diego during April 27th until 29th next year. I have not been able to attend the annual meetings since 2020 because of covid-19 turmoil and the last BOG meeting in autumn this year in Savannah GA was cancelled because of the Hurricane Ian (and switched to the remote conference). That’s the reason why I strongly hope to participate in the next annual meeting in San Diego. I hope many members from our chapter will attend the meeting too.

Some of the committees in our chapter are planning to hold seminars in December: a seminar concerning PMR will be hosted by Generalism-Continuing Medical Education Committee on December 13th and a seminar for residents and early carrier physicians concerning “how to make clinical questions through case studies” will be hosted by Resident Fellow Committee on December 3rd. I hope many attendees will get something to bring back home.

Finally, I want to wish all of you and your family happy, safe and peaceful Holiday Season.

Kenji Maeda, MD, FACP

Governor

Governor’s Newsletter(Aug. 2022)

2022年8月23日

夏も終わり、いよいよ待ちに待った秋の訪れが近づいています。Covid-19は今後どうなるのか、まだ読めない状況が続いていますが今後鎮静化することを願っています。この秋にはジョージア州で支部長会議(BOG meeting)があり出席の予定ですが、日本再入国(帰国)時の検査の陰性証明取得がちょっと厄介です。日本政府が必要としている検査が必ずしもどこでも受けられるわけではなく、会議のある街には該当機関が無いのです。仕方なく帰国前に乗り継ぎ予定のシカゴで延泊して検査を受ける手筈になりました。米国や欧州の一部の国では既に規制が撤廃されて自由に入国できるところが増えている現状で日本の規制は厳しすぎるという声もあります。一方で感染が収束せず、これ以上蔓延しては困るので規制を続けるべきという声にも一理あります。今後日本は大きな決断を迫られるのではないかという気がします。いずれにしてもまだまだ気を緩めるわけにはいかない日々が続きそうです。「追記:9月7日から帰国時のPCR検査は不要になります」

日本支部では現在ホームページの改善を軸に様々な改革を計画中です。会員の皆様のお役に立てる情報やセミナーなどの提供の充実も図りたいと思っています。諸々の手続きも分かり易く表示するよう心掛けます。今年中には概要をお見せできるはずですので、今しばらくお待ちください。

実りの秋が豊かでありますように。皆様のご健勝をお祈りします。

 

ACP日本支部 支部長

前田賢司

Governor’s Newsletter(Jun. 2022)

2022年5月30日

Greetings to the all the Chapter members!

It was unfortunate that we couldn’t attend the ACP 2022 Annual Meeting in Chicago (IMM 2022) at the end of April due to the Covid-19 restrictions. But you should find good things in a bad situation – as it was held in a hybrid style, we could see some of the lectures online, although time difference was a limiting factor. Many sessions were recorded and are available for several months after the meeting so that you can watch some of them later.

The 2023 ACP Annual Meeting will be held at the end of April 2023 in San Diego. I hope that next year there will be many physicians from Japan at the meeting. Start planning now!

Let’s talk about our Chapter’s Scientific Meeting 2022. It will be held completely online on Saturday 25th and Sunday 26th this month. Some of the sessions will be distributed on-demand to the participants during some period after the meeting so that you can view sessions you missed.

With Covid-19 still a present threat to our health and well-being, please remember to take care of yourselves and take time to treasure those who are most dear in your lives.

All the best,

Kenji Maeda

Governor’s Newsletter(Feb. 2022)

2022年2月28日

まだまだ続く新型コロナ禍、それに加えて国際情勢の悪化、と気が重くなる今日この頃ですが、春が近づきつつあると思いたいところです。

4月の本部での総会(シカゴ:4月28日~30日)は渡航制限が緩和されつつあるとはいえ、日本からの参加はハードルがまだ高そうで恒例の日本支部レセプションもキャンセルせざるを得ませんでした。6月の日本支部総会(6月25日~26日)も全面オンラインで行います。

コロナ禍でも良い面に目をやれば、Zoom会議が日常になり上記の本部総会、日本支部の総会にも遠距離から参加できるというメリットが生まれました。支部の理事会も頻繁に行うことが出来るようになりました。これを利用しない手はありません。各委員会の委員長はじめ委員の先生方とも今よりも意思の疎通が図れるようになるのではないかと期待もしています。セミナーや講演会などもオンライン配信を充実して会員の皆様のメリットを増やす計画も進めています。それに合わせてホームページの改新・改善も進めていきます。

今しばらくは不自由な生活が続きますが、この機会に日本支部をさらに良いものにして行きたいと思っています。私の任期もあと一年2か月余りしか残されていませんが、次期支部長も矢野(五味)晴美先生に決まり、さらに充実していく筈です。会員の皆様のご理解とご協力をお願い致します。

ACP日本支部 支部長

前田賢司

Governor’s Newsletter(Nov. 2021)

2021年11月4日

Fall is in full swing now and the covid-19 patients are rapidly decreasing in number, thanks to your endeavor. Subsequently, Winter is approaching but I hope there won’t be the sixth wave of the pandemic even in the cold season. To prevent the recurrence of the disease, we should be careful enough and learn about the virus. As a member of ACP I have appreciated the resources and support from ACP in providing care for the covid-19 patients. I encourage you to review the latest updates in the ACP homepage.

In this season, we are going to elect the Governor-Elect (GE) in the vote. Both of the candidates have leadership and cognizant of ACP matters well. So I firmly believe that he/she will be a good GE. If you haven’t voted yet, please make haste with your vote – the deadline is November 5th.

Lastly, let me ask you to stay current with your ACP membership, and to recommend to your professional IM colleagues and student/resident affiliates that they maintain and/or renew ACP membership. Membership provides you with various privileges including free access to Annals of Internal Medicine and other multiple free online resources, and we are planning to add more to the Japan chapter members in the near future.

I wish all of you a safe, healthy, and happy upcoming holiday season.

Kenji Maeda

Governor’s Message (Aug 2021)

2021年9月9日

暑かった夏も終わろうとしていますが、デルタ株のコロナウィルス感染症の蔓延により皆様まだまだお忙しい日常だと推察します。

今年は2023年春から支部長になって頂く次期支部長(Governor-Elect)を選出する大事な年にあたります。候補者はお二人で、矢野(五味)晴美先生は国際福祉医療大学医学部医学教育統括センター副センター長・同大感染症学教授で、現在日本支部の理事もお勤め頂いています。もうお一人の候補者、元雄良治先生(ソフィア内科クリニック腫瘍内科部長)は今年の春まで金沢医科大学腫瘍内科学教授・同大集学的がん治療センター長を務められ、ACP日本支部では2009年から2012年までCMC委員長も務められた先生です。お二方とも、お人柄も良く、ACP内部の事情にも精通しておられ、またリーダーシップもあり次期支部長に相応しい先生方ですので、どちらの先生がなられても日本支部は安泰と安心しています。公明正大な選挙になりますよう皆様のご協力をお願い致します。

さて、9月は毎年恒例の「Women in Medicine month」です。周囲でFACPに相応しい女性医師の会員の方がおられたら、是非地域のCMC担当の先生にご推薦ください。また、男女を問わず、優れた総合内科専門医でまだ会員でない先生が周囲におられたら是非入会のお声掛けをお願い致します。
 
皆様の健康と安全を祈りつつ。

ACP日本支部 支部長
前田賢司