FACP昇格者インタビュー第2弾

2022年3月30日

Credential/Membership Committee Presents:

FACP (Fellow of American College of Physicians) 昇格者インタビュー第2弾!

今回は、Credentials/Membership Committee(CMC委員会)中部・北陸ブロックの阪野勝久先生に「なぜFACPを目指したのか、そして、FACPを取得したことで変わったこと」についてお話しをお伺いいたしました。

是非ご視聴ください!

Credential/Membership Committee 委員長からのメッセージ:

がんや感染症患者の診療では特に総合内科医の役割が高まっています。信頼できる内科医の称号として世界で認知されているFACPのステータスを活かして、ACP会員のみなさんが国内外で益々ご活躍されることを祈念しています。

山田 康秀
Credential/Membership Committee 委員長
国立国際医療研究センター
がん総合診療センター

FACP昇格へご興味がある方はこちらをご確認ください。

Facebook / Twitter / Peatix

Governor’s Newsletter(Feb. 2022)

2022年2月28日

まだまだ続く新型コロナ禍、それに加えて国際情勢の悪化、と気が重くなる今日この頃ですが、春が近づきつつあると思いたいところです。

4月の本部での総会(シカゴ:4月28日~30日)は渡航制限が緩和されつつあるとはいえ、日本からの参加はハードルがまだ高そうで恒例の日本支部レセプションもキャンセルせざるを得ませんでした。6月の日本支部総会(6月25日~26日)も全面オンラインで行います。

コロナ禍でも良い面に目をやれば、Zoom会議が日常になり上記の本部総会、日本支部の総会にも遠距離から参加できるというメリットが生まれました。支部の理事会も頻繁に行うことが出来るようになりました。これを利用しない手はありません。各委員会の委員長はじめ委員の先生方とも今よりも意思の疎通が図れるようになるのではないかと期待もしています。セミナーや講演会などもオンライン配信を充実して会員の皆様のメリットを増やす計画も進めています。それに合わせてホームページの改新・改善も進めていきます。

今しばらくは不自由な生活が続きますが、この機会に日本支部をさらに良いものにして行きたいと思っています。私の任期もあと一年2か月余りしか残されていませんが、次期支部長も矢野(五味)晴美先生に決まり、さらに充実していく筈です。会員の皆様のご理解とご協力をお願い致します。

 

ACP日本支部 支部長

前田賢司