Kurokawa Award Winner (Resident/Fellow Category)

2021年9月16日

Kurokawa Award (Resident/Fellow Category) Recipient’s Remarks
Yoji Hoshina, U.S. Naval Hospital Yokosuka

I am extremely honored to receive this prestigious Kurokawa Award at the ACP Japan Chapter Annual Meeting 2021.

The case I presented was “A case of myasthenia gravis after administration of COVID-19 vaccine,” which I experienced during my rotation in the Department of Neurology at the U.S. Naval Hospital Yokosuka. Myasthenia gravis is known to be triggered and exacerbated by various factors, including infection and medications. In this case, there were no obvious changes in the patient’s daily life before the presentation of symptoms, except for the administration of the COVID-19 vaccine. Although we cannot conclude that the vaccination was related to the exacerbation of his symptoms, I thought discussing and presenting this case would lead to the “activation of the academic mind,” which is the annual meeting theme. The difficult part of the discussion was that there were no identical cases in the past, so we had to hypothesize based on similar cases and the mechanism of vaccine and COVID-19 infection. I could not have done it without Dr. Baker and Dr. Sowers, who have supported me. I would like to thank Dr. Baker and Dr. Sowers from the bottom of my heart.

Last but not least, I would like to express my deepest gratitude to the staff at Chiba University Department of General Medicine, where I spent time before going to Yokosuka, for encouraging me to pursue my interest in an academic area. I would also like to express my sincere gratitude to the people involved in the ACP Japan Chapter Meeting, who decided to hold the meeting virtually during the COVID-19 pandemic and worked hard until the end.

黒川賞(研修医部門)受賞者の言葉

2021年9月16日

ACP日本支部年次総会・講演会2021 黒川賞(研修医部門)を受賞して
横須賀米海軍病院 保科耀司

この度はACP日本支部2021年次総会において栄誉ある黒川賞をいただき、大変光栄に存じます。
今回私が発表した症例は「新型コロナワクチン接種後に重症筋無力症を発症した一例」で、横須賀米海軍病院の神経内科をローテーションしているときに経験させていただいた症例でした。重症筋無力症は感染や薬剤など、様々な要因を契機に発症、増悪することが知られております。今回発表させていただいた症例では患者が当院を受診する前に、新型コロナワクチンを接種した以外に明らかな生活変化をみとめませんでした。もちろん、新型コロナワクチンの接種が今回の症状の出現・増悪に関係したと結論づけることはできません。しかし、この新しいテーマを考察することが今回の学会のテーマでもある「アカデミックマインドの活性化」につながるのではないかと思い、発表させていただきました。考察で難しかった点は、過去の文献で同じ症例がなく、類似症例や、ワクチンと新型コロナウイルス感染の機序から仮説を立て検討していく点でした。今回協力してくださった神経内科のBaker医師と麻酔科のSowers医師なしでは成し遂げられませんでした。心より御礼申し上げます。

最後になりますが、私がアカデミックの道に興味を持つことができたのは横須賀に行く前に過ごした千葉大学総合診療科の皆様の後押しのおかげです。改めましたこの場をお借りして、感謝の意を伝えさせていただきたいと思います。そして、COVID-19パンデミックの中、バーチャルでの開催に踏み切り、最後までご尽力いただいたACP日本支部総会の関係者の方々に厚く御礼申し上げます。

Governor’s Message (Aug 2021)

2021年9月9日

暑かった夏も終わろうとしていますが、デルタ株のコロナウィルス感染症の蔓延により皆様まだまだお忙しい日常だと推察します。

今年は2023年春から支部長になって頂く次期支部長(Governor-Elect)を選出する大事な年にあたります。候補者はお二人で、矢野(五味)晴美先生は国際福祉医療大学医学部医学教育統括センター副センター長・同大感染症学教授で、現在日本支部の理事もお勤め頂いています。もうお一人の候補者、元雄良治先生(ソフィア内科クリニック腫瘍内科部長)は今年の春まで金沢医科大学腫瘍内科学教授・同大集学的がん治療センター長を務められ、ACP日本支部では2009年から2012年までCMC委員長も務められた先生です。お二方とも、お人柄も良く、ACP内部の事情にも精通しておられ、またリーダーシップもあり次期支部長に相応しい先生方ですので、どちらの先生がなられても日本支部は安泰と安心しています。公明正大な選挙になりますよう皆様のご協力をお願い致します。

さて、9月は毎年恒例の「Women in Medicine month」です。周囲でFACPに相応しい女性医師の会員の方がおられたら、是非地域のCMC担当の先生にご推薦ください。また、男女を問わず、優れた総合内科専門医でまだ会員でない先生が周囲におられたら是非入会のお声掛けをお願い致します。
 
皆様の健康と安全を祈りつつ。

ACP日本支部 支部長
前田賢司

ブログリニューアルのお知らせ

2021年9月9日

この度、ACP日本支部のブログをリニューアルいたしました。
過去の記事は引き続き以下より閲覧いただけます。
http://plaza.umin.ac.jp/~ACP/

今後も米国本部及び支部の活動内容を投稿してまいりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

ACP日本支部事務局